新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2020.09.08貧乏ゆすり

貧乏ゆすりでリハビリ

貧乏ゆすりでリハビリ

 

 

怪我や病気の治療後のリハビリは、治療に費やした時間よりもはるかに長くなることもあり、そのリハビリの期間を少しでも短縮させるために貧乏ゆすりを取り入れてはいかがでしょうか。

 

貧乏ゆすりはご自宅や職場などで簡単に行うことができ、わずかな時間を見つけて貧乏ゆすりを続けることで、リハビリ期間も短くなることでしょう。

 

貧乏ゆすりを取り入れているリハビリ施設も

 

まさか、貧乏ゆすりがリハビリになるとは思えないかもしれませんが、実際に貧乏ゆすりを取り入れているリハビリ施設もあるようです。

 

怪我や病気でしばらく寝たきりの生活が続くと足腰が弱ってしまい、たとえ治癒したとしても以前と同じような状態に戻れるとは限りません。

特に高齢者の場合は、骨折などで入院が続いたことで、そのまま寝たきりの生活に陥ってしまったり、車いす生活になる場合もあるでしょう。

 

なぜ、貧乏ゆすりが良いのか、

 

貧乏ゆすりは、身体が無意識に行う動作でもあり、身体の準備運動でもあります。

 

貧乏ゆすりを無意識に行った時は、身体が下肢のうっ血状態を察し、それを解消するために貧乏ゆすりという形で反射的に足を動かしていると言えます。

 

これから貧乏ゆすりを常にすることで、足やふくらはぎの倦怠感を取り除くことができると考えられます。

 

貧乏ゆすりは高齢者施設や老人ホームで多くリハビリ代わりにされている

 

いますぐに運動ができない高齢者や時間やスペースが限られている方に、貧乏ゆすりがリハビリの代わりに多く利用されています。

 

実際の高齢者施設や老人ホームに行くと貧乏ゆすりの動きを再現した健康器具を利用しているのがわかります。

 

貧乏ゆすりは今すぐできる、誰でも簡単なリハビリ方で多く活用されています。

 

整骨院やリハビリ施設や高齢者施設でも、貧乏ゆすりを推奨

 

また、退院後もリハビリのための通院が長く続くことも多く、生涯リハビリのつもりで整骨院に通っている方もいるのではないでしょうか。そして、整骨院やリハビリ施設や高齢者施設でも、貧乏ゆすりを推奨しているケースが少なくありません。

 

足腰が弱る原因

 

寝たきりの生活で足腰が弱るのは、大腿部やふくらはぎなどの筋肉を使っていなかったことが原因です。

 

つまり、リハビリも歩いたり足を動かす運動をすることで筋力が戻ることを目指すわけですが、貧乏ゆすりの振動がその筋力の回復に適しているわけです。

 

貧乏ゆすりの動きは筋肉をほぐしリハビリに最適

 

貧乏ゆすりの細かい振動はマッサージにも似た心地よさもあり、筋肉を解きほぐす効果もありリハビリに最適です。

 

さらに、股関節に痛みのある方の場合は、股関節の軟骨がすり減っていることが原因となっていることが多く、貧乏ゆすりで股関節の軟骨再生を促すことができますので、股関節のリハビリに貧乏ゆすりを取り入れることで再生が早まるでしょう。

 

貧乏ゆすりが認知症やうつ病予防にも

 

貧乏ゆすりで分泌される成分には、脳を活性化させる効果や精神を安定させる効果もあるため、認知症やうつ病のリハビリや大脳のストレス解消にも適していると思います。

 

そして、もちろんリハビリとしてだけでなく、身体や心の病気の予防としても貧乏ゆすりを日頃の運動代わりに行っていただければと思います。

あしふみ健幸ライフは、座ったままで歩行運動ができる
画期的な健康器具です。
お年寄りへのプレゼントにもおすすめです。

あしふみ健幸ライフの詳細はこちら

メルマガ会員募集中!
お得な情報などをお届けいたします。この機会にぜひご登録ください!

ご登録はこちら