新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2019.08.23ブログ

座りすぎを簡単に解消できる5つの対策方法とは!?

こんにちは。健幸ライフあしふみ事業部です。

これまで数回に渡り “座りすぎ”が及ぼす悪影響について、皆さまにお話させていただきました。

 

では、その解決策はあるのでしょうか?

今回は、身近にできる効果的な対策方法を5つご紹介したいと思います。

(1)20~30分座ったら、立って2~3分動く

一番効果的な方法です。小出しに“用事”を作りましょう。

例えば自宅では、片付けや掃除、食器洗い、勤務中にはトイレに行く、飲み物を入れる、あえて話しかけに行くなど。

 

(2)座りながら、かかと上げをする⇒ふくらはぎの筋肉を使う

長時間続く会議中や、新幹線などの移動中、仕事が立っていられないという時におススメです。

座ったままの状態でふくらはぎに力を入れて、つま先を支点にかかとをゆっくり上げ下げするだけ。

これを10回程度行うだけで十分に効果があります。

 

(3)座りながら、脚上げをする⇒太ももの筋肉を使う

座った状態で足を伸ばしてつま先を垂直に立て、太ももに力を入れて足を上げ下げします。

脚全体の筋肉を使い、血流を上げることができるので(2)より効果的です。

 

(4)立って仕事をする

脳への血流が高まり、作業効率がより高まると言われています。

最近は多くの企業で採用されているようです。

 

(5)アプリ・スマートウォッチを使う

座りすぎていることを忘れ、つい集中して時間感覚をなくしてしまう人におススメです。

20~30分経つとアラーム音がなるように設定できるタイマーアプリやある一定の時間動かない状態でいると振動するスマートウォッチには、「動きましょう」というアラートを出す機能がついています。ぜひ活用しましょう。

 

毎日をより楽しく過ごすためには、やはり“健康であること”が欠かせません。

まずはできることから対策をしていきましょう!

 

弊社がおすすめしております、こちらの商品にもぜひご注目ください。

*****************************

~~あしふみ健幸ライフとは~~

https://youtu.be/1Aaxa2dwxlE

*****************************

〜 1日8時間座った時に起こる10の症状 〜

  https://youtu.be/gbVtPb1j2NI

〜 座りすぎが病を生む?NHKクローズアップ現代

『座りすぎ』の弊害 〜

  https://youtu.be/KzEw56EToO4

〜 毎日のウォーキングで体に起こる10の変化 〜
 https://youtu.be/LU7IB7vm_OM

 

******************************