新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2020.08.18ブログ

エコノミー症候群は貧乏ゆすりで予防を

まず初めにエコノミー症候群とは

エコノミークラス症候群 窮屈な座席で長時間同じ姿勢のままでいると、血の流れが悪くなり血管の中に血のかたまりが作られ、そこに痛みや腫れが生じることがあります(深部静脈血栓症)。 血のかたまりがはがれ、肺の血管につまると、胸が痛い、呼吸が苦しいなどの症状を起こす症状です。

 

エコノミー症候群の怖い症状

歩いたり走ったりと足は忙しい動きをこなしているわけですが、座っている時は負担が掛かっていないと思われているかもしれません。ところが、座っていることで起こる怖い症状もあり、たとえばエコノミー症候群です。

 

エコノミー症候群が発症するとき

エコノミー症候群

エコノミー症候群は、元々飛行機のエコノミークラスのような狭い座席に長時間座り続けることで起こる症状と言われています。状況として、窮屈な座席で長時間同じ姿勢のままでいると、血の流れが悪くなり、血管の中に血のかたまりが作られることで起きる症状です。

 

エコノミー症候群にならない為、予防策は

エコノミー症候群を予防する方法として一番効果的な動作が貧乏ゆすりになります。また、飛行機の中や、歩いたり運動できないところで貧乏ゆすりをするだけで、足の血流を良くし、血の流れをスムーズにする効果あるとされています。

貧乏ゆすりで足の血流の悪さを防ぐことができることを、飛行機慣れしている方であればご存知の方もいるでしょう。自然と無理なくできる動作としてエコノミー症候群の予防策には貧乏ゆすりがおすすめです。

また、エコノミー症候群は、飛行機に限らず車や列車でも起こることがあります。そこで、バスや列車に長い時間乗り続けるようなことがあれば、少しでも足の血流を良くするために、貧乏ゆすりに代わる足の動きを取り入れてみても良いでしょう。

 

エコノミー症候群になぜ、貧乏ゆすりが良い?

エコノミー症候群に良いとされている貧乏ゆすりは、ふくらはぎの筋肉を動かすことのできる行為で、歩き回ることのできない場所でも、誰でも簡単に行える運動と言えるでしょう。さらに、貧乏ゆすりをすることで脚に血栓を作らずに、静脈の流れをスムーズにすることができます。

誰でも簡単に、その場でできる静脈の流れをスムーズにする方法として考えられているのですね。

 

血流を良くする為に、日ごろから貧乏ゆすりの動作を行う

エコノミー症候群

意識するのではなく、無意識に貧乏ゆすりの動作をすることで、エコノミー症候群のリスクは軽減できます。

エコノミー症候群の怖いところは、足の静脈の流れに支障をきたすと、足のむくみや大腿部に痛みを生じることもあり、症状が悪化すると下肢だけにとどまらず、呼吸が苦しくなり胸が痛くなることもあります。

実は、エコノミー症候群に気付かずに立ち上がった瞬間に、足にできた血の塊がはがれて運ばれ、他の部分に血栓ができてしまうこともあります。エコノミー症候群と言えば足に起こると思われがちですが、実際は肺血栓なども起こすことになりかねません。

飛行機や列車やバスの中では、エコノミー症候群予防のために貧乏ゆすりをおすすめするわけですが、エコノミー症候群を起こしやすいとされる方の中には、高齢者の方や下肢静脈瘤のある方、肥満気味の方なども含まれますので、日頃から貧乏ゆすりを行い、血流が良くなるように心がけてはいかがでしょうか。

 

エコノミー症候群は貧乏ゆすりで予防するまとめ

エコノミー症候群は痛みや腫れを生じさせること以外に、呼吸が苦しくなり胸が痛くなることもあります。

日常的に貧乏ゆすりを行うことは免疫力を高め、冷え性改善にも効果がありますので、簡単に貧乏ゆすりと同じような運動器具をぜひお試しいただければと思います。

 

エコノミー症候群に関する記事はこちらで紹介

エコノミー症候群の体験談

エコノミー症候群を経験した、そしてどのような対応をしたかといった体験談が寄せられています。エコノミー症候群は、飛行機などに乗り長時間座ったままでいることで、ふくらはぎを中心に下半身の血液の流れが悪くなり起こる症状です。

続きはこちらから

 

歩くことで病気を防ぎ生涯健康であるために

「長生きするために1日1万歩を目指して歩こう」そう思って、万歩計を付けて毎日必死になって歩いている方も多いのではないでしょうか。ところが、目標の歩数さえこなしていれば健康が維持できるとは限らず、逆にさまざま不具合が出てくることもあります。

続きはこちらから

半身不随 回復

半身不随 回復