新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2020.11.12パーキンソン病

パーキンソン病になりやすいのはこんな人

パーキンソン病にはなりやすい人がいる!?

 

 

パーキンソン病を発症すると、手足がふるえる、筋肉をうまく動かせなくなるといった身体的な症状が出やすくなります。

 

しかし、パーキンソン病の症状はそれだけにとどまらず、脳の認知機能にも悪影響を及ぼすことがあるのです。

 

それではまず、パーキンソン病になりやすい人の性格や生活習慣からご紹介していきましょう。

 

 

非社交的な性格

 

 

非社交的な人は、自分から誰かに話しかけたり、電話をしたりする機会が少なく、他人と接するのが苦手なイメージがあります。

 

もちろん、人と接するよりも1人で読書をしたり、何かに取り組んだりすることが好きなだけで、非社交的な性格ではない方もいるでしょう。

 

しかし、非社交的な生活を続けていると、他人と接することで得られる刺激から遠ざかることになり、脳が刺激を受ける機会が減ります。

 

そしてその結果、パーキンソン病を発症しやすくなるといわれているのです。

 

 

感情の起伏が少ない

 

 

感情の起伏が少ないということは、嬉しさや感動といった感情を持ちにくいということでもあります。

 

人間の脳からは、嬉しい、楽しい、感動したなどを感じたときにドーパミンという脳内物質が分泌されます。

 

そして、感情の起伏が少ない方の場合では、ドーパミンの分泌量が少なく、それがパーキンソン病を引き起こす原因になると考えられていのです。

 

 

運動が嫌い、またはもともと運動能力が低い

 

運動が嫌い、またはもともと運動能力が低い

 

 

パーキンソン病には、筋肉をうまく動かせない、筋肉がこわばるなどの症状が出やすいという特徴があります。

 

そして、もともと運動が嫌い、あるいは運動能力が低い方の場合では、そうでない方よりも筋肉を動かす機会が少なく、パーキンソン病を発症しやすいといわれています。

 

 

動物性タンパク質の摂取量が少ない

 

 

菜食主義、あるいは動物性タンパク質の摂取量が少ない方はパーキンソン病になりやすいといわれています。

 

まず、ドーパミンはタンパク質成分であるため、タンパク質の摂取量が極端に少ない場合では分泌治療が減る可能性があり、それによってパーキンソン病を発症しやすくなるのです。

 

そしてもうひとつは、筋肉の生成には動物性タンパク質が必要不可欠で、その摂取量が少ないと筋肉の生成スピードが遅れ、筋力の低下が起こりやすくなるということです。

 

パーキンソン病は段階的に症状が進行する病気で、重度になると筋力の低下によって歩行困難や寝たきりになるリスクが高まります。

 

もちろん、植物性タンパク質だけでもタンパク質は摂れますが、植物性タンパク質だけでは必須アミノ酸を十分に摂れないため、パーキンソン病発症のリスクが高まるのです。

 

 

いかがでしょうか。

 

ご自身にひとつでもあてはまる内容が見つかったなら、できるだけそれらを改善する方向で考えて、パーキンソン病から遠ざかる生活を送ることをおすすめします。

 

また、今回ご紹介した内容にすべて当てはまったからといって、必ずパーキンソン病を発症するということではありません。

 

しかし、上記に当てはまる方がパーキンソン病を発症しやすいと考える専門家が多い以上、やはり改善すべきところは改善するのが理想でしょう。

 

 

パーキンソン病の改善を目指すには?

 

 

パーキンソン病の初期では、すぐにそれだとわかる症状が出ないこともあるようですが、わずかでも手足のふるえや筋肉のこわばりを感じたなら、パーキンソン病を疑わなくてはなりません。

 

それでは次に、パーキンソン病を発症した場合の改善策についてご紹介していきます。

 

 

人との会話を楽しんでみよう

 

人との会話を楽しんでみよう

 

 

他人と接することを得意としていない方の場合、そもそも人が多い場所に足が向かないかもしれません。

 

しかし、他人と接することに一度慣れてしまえば、会話することの楽しさや、自分と意見が合う人を見つけたときの嬉しさ、知らなかった情報を得た驚きなど、さまざまな感情が湧いてくるはずです。

 

そして、そのような感情を覚えたときには、いつもよりドーパミンの分泌量が増えていて、それがパーキンソン病の改善に役立つのです。

 

パーキンソン病を発症したとしても、初期段階ではまだ歩けますし、顔の筋肉も動かせますので、ここはひとつ勇気を持って、他人と接する機会を増やしてみましょう。

 

他人と接していて不快な思いをしたところで、あなたに不快感を与えた人物と接しなければそれでおしまい、怖がる必要はありませんよ。

 

 

面白いと思う映画を観てみよう

 

 

アクション映画、コメディ映画、SF映画など、あなたに興味があって、面白いだろうと感じる映画を積極的に観てみましょう。

 

映画鑑賞では、視覚と聴覚から情報が飛び込んできて、それによって刺激を受けた脳からは、ドーパミンが分泌されやすくなるのです。
もちろん、これらの映画だけでなく、お好きなジャンルの映画ならどのような種類でもかまいません。

 

大切なのは「いかに脳に刺激を与えてドーパミンを分泌させるか」という部分ですので、映画鑑賞があまりお好きでないという方も、この機会にひとつだけでも映画を観てはいかがでしょうか。

 

 

少量のカフェインを摂ってみよう

 

 

大量にカフェインを摂ってしまうと、トイレが近くなる、胃がムカムカする、目が冴えて眠れなくなるといったトラブルのリスクが高まります。

 

しかし、少量のカフェインの摂取では、パーキンソン病の改善に役立つといわれています。

 

というのは、カフェインにはドーパミンの減少を抑制する働きがあり、適度に摂ることがパーキンソン病の予防に役立つことがわかっているからです。

 

この事実についてはあらゆる大学病院などで研究され、結果が実証されていますので、信ぴょう性が高い情報だと捉えることができるでしょう。

 

カフェインはコーヒーに多く含まれる成分ですので、ぜひ、積極的に摂ってみましょう。なお、コーヒーは飲みすぎると胃粘膜を荒らす可能性があるため、ホットコーヒーなら1日3杯程度に留めておくことをおすすめします。

 

また、カフェインを摂ると意味では緑茶もおすすめで、緑茶のカフェインや緑茶ポリフェノールもパーキンソン病の予防や改善に役立つと考えられています。

 

ただし、緑茶も飲みすぎるとコーヒーと同様の弊害が起こることがありますので、飲みすぎには注意する必要があります。

 

 

食事内容を見直そう

 

食事内容を見直そう

 

 

パーキンソン病の予防や改善には動物性タンパク質が必要ですが、それだけではパーキンソン病の予防や改善はできません。

 

それは、食材に含まれている栄養成分は、それ単体で作用するのではなく、他の栄養素との相乗作用によって、はじめてその力を発揮できるからです。

 

特に大豆はおすすめで、大豆に含まれるチロシンという成分にはドーパミンの分泌を助ける働きがあり、これがパーキンソン病の予防や改善に役立つのです。

 

大豆製品には、豆腐、納豆、おから、きな粉などがありますので、これらを積極的に摂ることを心がけてみましょう。

 

なお、アルコール摂取とパーキンソン病の関係については研究段階のため、アルコールが良いのか悪いのかは判断できません。

 

しかし、パーキンソン病は内服薬で改善を目指すことが多いため、もしアルコールを摂取するなら、内服薬の服用中には十分注意した上で摂取する必要があるでしょう。

 

アルコールの摂取については、かかりつけ医に相談することをおすすめします。

 

 

無理のない運動に取り組んでみよう

 

 

パーキンソン病で重篤な症状が出ると、最終的に全身の筋肉を動かせなくなって、会話もままならない状態になることがあります。

 

この状態を避けるためには、無理なく行える運動を行って、筋肉に柔軟性を持たせておくことが大切です。

 

実際に、パーキンソン病の治療には運動療法もあり、この治療ではパーキンソン体操や筋肉増強運動、呼吸運動など、身体のあちらこちらから筋肉にアプローチする方法が採用されています。

 

なお、これらの運動は、パーキンソン病の症状がやや進行して、バランス感覚の低下によるふらつきや転倒などが起こった場合に行われることが多いようです。

 

そしてもうひとつ、パーキンソン病の初期段階なら、ご自身で行える運動で改善を目指すことも大切なのです。

 

たとえば、ウォーキング、スロージョギングなどの運動なら、筋力が落ちてきた方でも気軽に取り組めますし、マイペースで行えるため、きついと感じたらその場で中止できるというメリットもあります。

 

また、悪天候の場合では、昇降機による室内運動で筋肉を鍛えるという方法でも良いでしょう。

 

 

【重要】運動に自信がない方にはこの方法がおすすめ

 

【重要】運動に自信がない方にはこの方法がおすすめ

 

 

ウォーキングやスロージョギングは、パーキンソン病初期の方におすすめの運動です。

 

それは、パーキンソン病が進行している方の場合では、筋肉の硬縮が起こり、屋外での運動では事故などのリスクが高まるからです。
しかし、ここで運動を諦める必要はありません。

 

こちらでは「あしふみ健幸ライフ」の家庭用健康器具をご紹介していますが、この健康器具があれば、室内で、しかも椅子やソファに腰掛けたまま運動できます。

 

つまりパーキンソン病が進行中の方でも気軽に運動に取り組めるということなのです。

 

この健康器具を使った運動方法は簡単なもので、足を乗せて足踏みするだけで運動作用を得られるのです。
これなら、パーキンソン病で起立や歩行が難しくなっている方でも、楽しみながら運動に取り組めるでしょう。

 

 

まとめ

 

 

パーキンソン病は、50歳を超えれば誰でも発症する可能性がある病気で、とりわけ内向的な性格の方が発症しやすいといわれています。

 

つまり、パーキンソン病を予防するためにはある程度人と接したり、楽しい、嬉しいと思うような行動をとって、ドーパミンの分泌量を減らさない工夫をしなければならないということです。

 

また、パーキンソン病は四肢から症状が出やすい病気ですが、症状が進行するにつれ、脳にも症状が現れることがあり、そうならないためには適度な運動をすることも大切なのです。

 

こちらでは、「あしふみ健幸ライフ」の健康器具をご紹介していますので、パーキンソン病で運動が難しい状態になったのなら、この運動器具を使用して、マイペースでゆっくり運動してみてはいかがでしょうか。

あしふみ健幸ライフは、座ったままで歩行運動ができる
画期的な健康器具です。
お年寄りへのプレゼントにもおすすめです。

あしふみ健幸ライフの詳細はこちら

メルマガ会員募集中!
お得な情報などをお届けいたします。この機会にぜひご登録ください!

ご登録はこちら