2020.10.22土踏まず

土踏まずがつった時の対策や解決方法

土踏まずがつった時の対策や解決方法

 

足がつると、激しい痛みで転げまわることがあるでしょう。

 

そんな痛みを少しでも早く取り除く対策としては、足の指先を伸ばしたり、ふくらはぎの筋肉を伸ばすといったことくらいしか対策がないのかもしれません。

 

そして、ようやく痛みが治まったとしても、しばらくは違和感が残り歩きにくい場合もあります。

一度足がつると癖になるとか、自分は足がつりやすいと不安に思う方もいるかと思いますが、ふくらはぎや土踏まずや足の指先がつるからには、それなりの理由があるのです。

 

それでは、土踏まずがつる理由がどのようにところにあるのか、ご紹介していきましょう。

 

足がつる理由

 

「土踏まずがつる時はどんな状況だったのか?」について考えてみると、おのずと対策も浮かんできます。

たとえば、長い時間歩いて土踏まず周辺の筋肉がこわばって、そのまま寝たことで深夜に土踏まずがつることがあります。つる時の激痛は、眠っていても飛び起きるほどです。

この場合では、激しい筋肉疲労がその原因になっている可能性が考えられるでしょう。

ところが悪いことに、土踏まずがつる症状は繰り返すという厄介な特徴があるのです。

そして、このような辛い症状を繰り返すうちに、それがストレスとなって新たな症状を引き起こす可能性も否めません。

それでは、土踏まずがつる原因について詳しく見ていきましょう。

 

血行不良は土踏まずがつる原因に

 

足がつる原因として筆頭に挙げられるのは、血行不良が起こっているということです。

血行不良はデスクワークの方に多いといわれていますが、長時間の立ち仕事で水分が下方に溜まることで起こったり、薄着などで身体が冷えたりすることでも起こります。

そこで、足が疲れていると感じた時は、寝る前にしっかりマッサージするなどの対策を取りさえすれば、筋肉の緊張を和らげることができて、深夜に土踏まずがつる確率を下げることができると考えられるのです。

また、プールで泳いだことが原因になって土踏まずがつることもあるようです。

これは、プールの低い水温が原因で起こった血行不良が原因と思われますが、プールに入る前に土踏まずや指先、ふくらはぎまでしっかり伸ばして、ストレッチ運動をすれば、ある程度防ぐことは可能です。

 

身体の冷えはこうやって防ごう

 

仕事をする環境やプールなどによる身体の冷えで土踏まずがつるなら、その対策として以下を実践してみてください。

 

無理な薄着は避けよう

 

ファッションのために薄着をしているなら、それは今すぐにやめましょう。

というのは、薄着で冷たい外気を感じると、筋肉が収縮して血管が圧迫されることになるからです。

すると、必然的に血流が滞るようになって、毛細血管に血液が送り届けられるタイミングが遅れてしまいます。

そうならないためには、季節に合ったファッションを心がけ、身体を冷やさない工夫をすることが大切なのです。

 

お風呂はシャワーではなくじっくり温まって!

 

手っ取り早く血行不良を改善したいなら、お風呂はシャワーで済ませるのではなく、しっかりと湯船で体を温めることを心がけてください。

ただし、お湯の温度が熱すぎるとカラスの行水になってしまう可能性がありますので、42℃程度のややぬるいと感じる温度にお湯を調節しておきましょう。

そして、お湯に浸かる時間は15分程度が目安、外気温が低い冬場なら20分程度を目安としてください。
こうしてじっくりと身体を温めると、収縮していた筋肉がほぐれて血行も徐々に改善されていきます。

 

身体を冷やす食品はなるべく避けよう

 

見落としがちなのが、冷たい食品の過剰摂取で内臓が冷え、それによって血行不良が起こっている可能性があるということです。
たとえば、冷たい飲み物を飲んだときの状態を思い出してみてください。

胃が冷たくなり、その冷たさが少しずつ身体全体に広がることはないでしょうか。

冬場では冷たい食品はあまり摂らないかもしれませんが、外気温が上昇し始める春先以降では、冷たい食品を摂る機会が増えてくるでしょう。

それはそれで悪いことではありませんが、冷たい食品を連続で摂る、摂る回数が多いという方は、それが血行不良を引き起こしている可能性が否めません。

血行不良が気になるなら、まずはなるべく冷たい食品を摂らないことを心がけましょう。

 

貧乏ゆすりで血行不良を改善できることも

 

子供の頃、「貧乏ゆすりはみっともないからやめなさい!」と注意された方は多いのではないでしょうか。

しかし、貧乏ゆすりが血行不良の改善に役立つなら、意識してやってみようという気にはならないでしょうか?

貧乏ゆすりをするということは、自動的に筋肉が運動しているということで、これが血行不良の改善に役立つという話があるのです。

たとえば、プールサイドなどで無意識のうちに貧乏ゆすりをしている場合では、脳から「冷えているから筋肉を動かして温めて!」というサインが発信されている可能性が高いのです。

ということは、プールサイドではなくて、テレワークでパソコンに向かっている感や勉強の際に意識して貧乏ゆすりをすれば、血行不良を改善できる可能性が高まると考えられますよね?

人前での貧乏ゆすりはなるべく避けたいものですが、ご自宅でリラックスしているときやテレワーク中なら、気兼ねなく貧乏ゆすりを実践できるでしょう。

論より証拠、気になる方は、テレワーク中や勉強中の貧乏ゆすりを実践してみてはいかがでしょうか。

 

血行不良の改善には運動も必要

 

「自分は運動アレルギー」だと思っている方、その原因はどのようなところにあると思いますか?

 

  • もともと運動が苦手で体育の授業が苦痛だった
  • すぐに疲れるので、運動が続けられない
  • 筋肉痛がイヤだから運動はしない
  • 年齢で運動すること自体が不安
  • 肥満で運動できない
  • 変形性膝関節症で運動が困難

 

もしかすると、このような理由から「運動アレルギー」を自覚するようになったのかもしれませんね。
しかし、血行不良が起こっているということは、筋肉や血管の機能が正常に働いていない可能性があるため、運動は必須なのです。

 

運動に対する不安が大きいなら「あしふみ健幸ライフ」がおすすめ

 

こちらでは、「あしふみ健幸ライフ」の健康器具をご紹介していますが、この健康器具には以下のメリットがあり、運動が苦手の方でも簡単に筋肉に刺激を与える運動を行えます。

 

  • 座って足ふみするだけ
  • ながら運動を実現
  • 高齢者や肥満の方にも対応
  • リモートワーク中でも実践可能
  • 職人が一つひとつ手作り

 

いかがでしょうか。

座って足ふみするだけなら、高齢者や肥満で運動に自信がない方でも、簡単に運動にチャレンジできますよね?

また、この健康器具を使用しての運動では、運動時間を自分で決められる、調整できるというメリットもあるのです。

さらに、高齢者で筋肉が硬くなってしまった、肥満で身体を動かすこと自体が難しいという場合でも対応できるというメリットもあります。

製品は、職人が丁寧な手作業で仕上げていますので、ほかでは手に入らない、あなただけの健康器具を手にすることができるのです。

血行不良を改善したい、でも運動は苦手という方は、ぜひこの機会に、「あしふみ健幸ライフ」の健康器具の使用を検討してみてくださいね。

「あしふみ健幸ライフ」の公式サイトでは医師のコメントも確認できますので、少しでもご興味がある方は、まずは「あしふみ健幸ライフ」の公式サイトを確認してみてくださいね。

あしふみ健幸ライフは、座ったままで歩行運動ができる
画期的な健康器具です。
お年寄りへのプレゼントにもおすすめです。

あしふみ健幸ライフの詳細はこちら

メルマガ会員募集中!
お得な情報などをお届けいたします。この機会にぜひご登録ください!

ご登録はこちら