新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2020.11.17デスクワーク

デスクワークで行うストレッチについて

新型コロナウイルスの影響に伴う急速に進んだテレワーク、自宅でデスクワークを行う機会が非常に多くなっているかと思います。そこで今回は自宅でできる、デスクワークをしながら行うストレッチについて解説していきたいと思います。

 

急速に進んだテレワーク

 

Googleが発表した内容によると、関東・関西圏で2020年1月時点のテレワーク実施率推移は約8%程度、それが2020年4月末時点では47.0%程度にまで、上昇していると発表されています。

 

この状況から今後もテレワーク中心の業務が増えることは間違いありません。テレワークが増えるということはすなわち、デスクワークの時間も増えるということになります。

 

座りすぎは血流を悪くする可能性があります

 

基本的に座って行うデスクワークですが、長時間座ることで、身体が固まり、血液の流れが止まってしまいます。定期的に身体を動かしたり、立ったりして血の流れを良くすることが大切です。

 

また座ってもできる、ストレッチもあり、一番効果的な運動はかかと上下に上げ下げすることがすぐにでき、血の流れを良くします。少しでも座りすぎたな、ずっと同じ姿勢だなと思ったらかかとの上げ下げを行ってみるのも良いでしょう。

 

その他できるデスクワークのストレッチ

 

デスクワーク中心の仕事が続き、外に出るのも時間がなく、億劫になっていませんか?まずは肩の力を抜き、両肩をぐるぐると回してストレッチしてみましょう。

 

次に、先ほど説明したかかとを上下に上げ下げし、下半身の血の流れを良くすることが大切です。ここで重要なデスクチェアですが、背もたれが後ろに倒れるデスクチェアがおすすめです。

 

身体全体を伸ばすこともストレッチになりますので、肩と下半身のストレッチに合わせて背中部分のストレッチも行いましょう。

 

無意識にできるデスクワークのストレッチ法

 

自分でできるストレッチ以外に何か良い方法はないのでしょうか?

 

答えは「いいえ」、無意識にできるデスクワークのストレッチ方法があります。それはあしふみ健幸ライフになります。

 

このあしふみ健幸ライフは、足を木の上に乗せるだけで、ウォーキングに似たような有酸素運動が可能になります。また、先ほどのかかとの上げ下げ同様の効果があり、無意識にできるデスクワークのストレッチ方法でもあるのです。

 

もちろんマイペースでできるストレッチなので、気が向いたら、何かをしながらできる非常に便利なながら運動となります。

 

今後も続くデスクワークで身体のケアや独自のストレッチ方法を見つけてみてはいかがでしょうか。

 

あしふみ健幸ライフは、座ったままで歩行運動ができる
画期的な健康器具です。
お年寄りへのプレゼントにもおすすめです。

あしふみ健幸ライフの詳細はこちら

メルマガ会員募集中!
お得な情報などをお届けいたします。この機会にぜひご登録ください!

ご登録はこちら