新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2019.11.16ブログ

貧乏ゆすりマシンでながら運動

座りすぎが寿命を縮めるとか、健康寿命を延ばすには歩くことが大切といったことをよく耳にされるとは思いますが、足腰が弱ってしまってからではもう間に合わないとあきらめてはいませんか。

歩かなくても健康器具などを活用するという手もありますが、場所を取り電気を使うなど結構取り扱いが難しいものです。そこで、おすすめしたいのが貧乏ゆすりマシンのあしふみ健幸ライフです。

貧乏ゆすりマシンと言われてもピンとこない方も多いかもしれませんが、その名の通り貧乏ゆすりを再現するような機器になります。

ただ、機器と言っても貧乏ゆすりマシンは電気を使わない木でできた機器になります。さらに、大きさもコンパクトで、床に置いて使うタイプであれば幅40センチなので、広い場所を必要としません。

しかも、貧乏ゆすりマシンは椅子に座ったまま使うことができるので、楽な姿勢でいつでも気軽に利用することができます。たとえば、足元に貧乏ゆすりマシンを置いてテレビを見たり、パソコンを操作しながら足は貧乏ゆすりマシンを踏んだりと、ながら運動ができるわけです。

そして、貧乏ゆすりマシンを使うことでさまざまな効果が表れてくるでしょう。その一つが、下肢静脈瘤の改善です。

もともと下肢静脈瘤はふくらはぎのポンプ機能が衰えていくことで起こる症状ですが、貧乏ゆすりマシンの振動がふくらはぎに伝われば血流が改善するので、ふくらはぎのむくみが取れて下肢静脈瘤を治すことにつながります。

さらに貧乏ゆすりマシンは股関節の軟骨の再生や脳神経の活性化にも役立ちますので、丈夫な足腰の維持のためだけでなく、認知症予防にも適しています。

貧乏ゆすりマシンを歩行にたとえるとすれば、5分で1,000歩の歩行に匹敵する運動ができるので、運動不足を補うつもりで貧乏ゆすりマシンを毎日数分間お使いいただければと思います。

そして、車いすに乗った状態でお使いいただける幅30センチの貧乏ゆすりマシンもありますので、要支援の方でも車いすに乗ったままご利用いただければと思います。

貧乏ゆすり
 


貧乏ゆすり

  1. お急ぎの方は、お電話(0120-110-888)にてお願いいたします。
  2. ご不明な点などございましたら、お気軽にお問合せ下さい。
  3. ご希望のお客様に健康に関する耳より情報をお知らせさせて頂きます。
 
健康耳寄り情報 希望する希望しない
お名前(必修)
メールアドレス(必修)
お問合せ内容