新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2019.11.14ブログ

膝裏の鈍痛を防ぐ方法とは

ちょっとした身体の動きで起こる鈍痛で、老いを自覚することがあると思います。寝床から起き上がって足を床に付いた瞬間足底に鈍痛が起こったり、1歩踏み出した途端、膝裏に鈍痛が起こることもあるかもしれません。

実は、年を取るとまっすぐに立っているつもりでも、少し膝が前に出たような姿勢になってしまうことがありますが、それは膝裏がしっかり伸びていない状態とも言えます。そして、膝裏をしっかり伸ばすことができなければ、背中も曲がった状態で前かがみになるでしょうし、そのために背中や腰や股関節に鈍痛が起こることもあるでしょう。

実は、膝裏は太ももの裏の筋肉とふくらはぎの筋肉が出会う場所でもあり、その筋肉の柔軟性が衰えてくると、膝裏をしっかり伸ばせなくなってしまいます。

膝裏 鈍痛
たとえば、座って前屈運動などを行うと、真っ先に鈍痛が起こる場所が膝裏だったりすると思いますが、膝裏を無理に伸ばそうとすると鈍痛が起こるのは、それだけ太ももやふくらはぎの筋肉が固くなっているということでしょう。そのために、歩きだした時に膝裏に鈍痛が起こってしまうわけです。

そこで、膝裏に鈍痛が起こらないように心がけることは、膝裏をしっかり伸ばせるように足の筋力や柔軟性を維持することだと思います。

鈍痛を起こさないためには、膝裏や太ももやふくらはぎに適度な刺激を与えられる運動を続けることが一番です。その運動として適していると言えるのが貧乏ゆすりです。

もちろん、貧乏ゆすりの動きは足を小刻みに上下させるだけの動きで、ジョギングやウォーキングとは比較にならないと思われるかもしれません。

ただ、実際に毎日貧乏ゆすりを行うのであれば、長い時間続けることができ、しかも別のことをしながら運動ができるという点を考えれば、十分歩行に匹敵するだけの運動量を得られると思います。

しかも、実際に貧乏ゆすりをするのではなく、貧乏ゆすりを取り入れた健康器具であれば、より効果は高く5分で1000歩の歩行と同じ運動を座ったままで行うことができます。気軽にできる足踏む運動で、身体のさまざまな鈍痛が防げると思います。

膝裏 鈍痛
 


膝裏 鈍痛

  1. お急ぎの方は、お電話(0120-110-888)にてお願いいたします。
  2. ご不明な点などございましたら、お気軽にお問合せ下さい。
  3. ご希望のお客様に健康に関する耳より情報をお知らせさせて頂きます。
 
健康耳寄り情報 希望する希望しない
お名前(必修)
メールアドレス(必修)
お問合せ内容