新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2019.10.25ブログ

股関節痛には貧乏ゆすり運動を

健康維持のために1日5,000歩8,000歩、歩こうと目標を立てている方もいるのでしょうが、股関節痛が起れば1,000歩どころか杖なしでは歩けなくなることもあります。そこで、股関節痛を起こさないために、貧乏ゆすりを健康維持の対策として取り入れてはいかがでしょうか。

座りすぎは寿命を縮めるとも言われていますが、股関節痛が起こる原因にもなっていると思います。ただ、貧乏ゆすりをすることで歩くのと同じような効果が現れ、股関節痛対策になるはずです。

貧乏ゆすりは子供の頃から行儀が悪いと言われて、良いイメージはないのでしょうが、実はその貧乏ゆすりに思わぬ効果があることがわかりました。たとえば整形外科や整骨院でも治らなかった股関節痛が、貧乏ゆすりを続けることで改善したという例も多いようです。

病気や怪我が原因となって起こることもありますが、加齢や姿勢の悪さが股関節痛の原因となることも多いものです。

股関節痛 貧乏ゆすり
 

特に、中高年の女性が股関節痛を訴える場合は、変形性股関節症が原因のことも多く、年齢と共にクッションの役目をしていた軟骨がすり減り、骨同士が接触しやすくなってしまい股関節痛が起こるようになります。

ただ、適度な振動を与えることで軟骨が再生すれば、辛い股関節痛から解放されるでしょう。そして、貧乏ゆすりは適度な振動を与えるには最適な動きです。

貧乏ゆすりは足を小刻みに動かす運動であり、その振動が伝わることで線維軟骨の再生が促されると考えられます。変形性股関節症が改善したという方もいれば、杖なしで歩けたとか、楽に階段を上れるようになったなど、多くの方が貧乏ゆすりの効果に驚いているようです。

変形性股関節症と診断されて手術を覚悟する場合もあるでしょうが、その前に貧乏ゆすりを続けてみてはいかがでしょうか。ただ、意識的に貧乏ゆすりをしようと思っても、簡単なようで案外難しいものかもしれません。

そんな時は、簡単に貧乏ゆすりを実践できるあしふみ健幸ライフをお試しください。食卓の足元に置いたり、仕事場の机の下に置くなどして、いつでも気軽に貧乏ゆすりを実践することができます。

股関節痛 貧乏ゆすり

 


  1. お急ぎの方は、お電話(0120-110-888)にてお願いいたします。
  2. ご不明な点などございましたら、お気軽にお問合せ下さい。
  3. ご希望のお客様に健康に関する耳より情報をお知らせさせて頂きます。
 
健康耳寄り情報 希望する希望しない
お名前(必修)
メールアドレス(必修)
お問合せ内容