新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2021.02.25血栓症

股関節の病気と血栓

股関節とは

股関節は、両足の付け根にある歩行する上できわめて重要な関節です。

 

大腿骨と言われる、膝から足の付け根までの骨の先端にあるボール型の大腿骨頭が、骨盤側にある骨頭の受け皿となる寛骨臼(かんこつきゅう)と呼ばれるソケットにはまり込むような形をしています。

 

この股関節に、異常や痛みもたらす病気を持つ方は、全国で約400~500万人いると言われています。

 

座ると痛んだり、階段の昇り降りや歩くときにも痛むというように、日常生活にも支障をきたしてしまう場合には、股関節の病気が疑われ、そのうちの大半が「変形性股関節症」の可能性が高いとされています。

 

変形性股関節症

 

股関節の痛みの原因で最も多いのが、変形性股関節症。

 

大腿骨と関節軟骨がすり減って変形し、炎症や痛み、骨頭や寛骨臼の変形などをもたらします。

 

原因として、日本人に多い「臼蓋形成不全」(きゅうがいけいせいふぜん)と呼ばれる病気があります。

 

骨頭に対する寛骨臼がカバーできる範囲が狭く、通常よりも少ない範囲の関節で体重を支えるため、狭い範囲に負荷が集中しやすく、不利な股関節の形状をしています。

 

一度すり減った軟骨は、ほとんどの場合もとに戻らないため、早期の診断と治療が重要になってきます。

 

実は股関節の病気は、自覚しにくく気付いた時には進行していたということも少なくありません。

 

その理由は、股関節そのものが深部にあることや、筋肉や靭帯といった組織に囲まれているためです。

 

早めに対処したい症状

 

左右の足の長さが違ったり、股関節の痛みや違和感、歩く時に足を引きずる、足の付け根に痛みを感じる、などの症状がみられた場合には、病気の進行や軟骨のすり減りを防ぐためにも、早めに対処すようにしましょう。

 

この他にも、あぐらをかきにくかったり、足の爪切りが難しい、歩く時に左右に揺れているといった症状もあります。

 

変形性股関節症の治療

 

変形性股関節症の治療には、投薬や運動療法などのリハビリテーションといった保存療法と、人工股関節全置換術といわれる手術療法があります。

 

保存療法

痛みなどをコントロールするための投薬物理療法、運動療法、生活動作指導などを含むリハビリテーションは、術後の回復を助けたりするだけでなく、症状の進行や悪化を防止する重要な役割を持っています。

 

<投薬>

股関節の痛みがつらい時に行われる薬物治療です。

 

薬の種類には、

・飲み薬

・座薬

・湿布や塗り薬

・注射

などがあります。

 

飲み薬では、痛みや炎症を抑える効果がありますが、長期間の服用で胃腸障害が起きやすくなります。

 

また注射では、ステロイド剤とヒアルロン酸の2種類あり、股関節内の強い炎症が起きている場合にはステロイド剤が使われます。

 

ですが、ステロイドの使用には、骨が脆くなるといった副作用があるため、あまり積極的には使われません。

 

一方ヒアルロン酸は、関節内の潤滑に重要な働きを担っていて、粘度が低下したり減少してくると痛みの原因となるため、注射によりヒアルロン酸を注入します。

 

<物理療法>

物理療法とは、温熱・寒冷・電気・赤外線やレーザーなどの光を使って、筋肉や関節の柔軟性をはかったり、血流の改善や痛みの緩和を目的に行うものです。

 

<運動療法>

変形性股関節症における運動療法には、股関節に負担をかけない生活動作や、関節の可動域を広げる効果があります。

 

運動により痛みを和らげ、股関節を動かすために必要な筋力をつけたり、維持するために行うことで生活の質を向上することができます。

 

痛みの軽減に効果的な運動

 

症状の改善や術後の回復に欠かせない運動ですが、あまり衝撃の強い運動は避ける必要があります。

 

推奨されているのは、股関節への負担が少ない

水中でのウォーキングや、筋力アップにも効果のある固定式自転車、座った状態でのあしふみ運動です。

 

なかでも、健康器具を使った自宅で行える「あしふみ運動」は、体力的に不安のある方や、お年寄り、外出が困難な方にも実践しやすい運動です。

 

手術療法

人工股関節全置換術は、変形性股関節症のほかに、大腿骨頸部骨折、大腿骨頭壊死、関節リウマチといった疾患にも用いられており、関節の変形の矯正や、痛みを取り除く効果により日常生活における動作の改善が期待できます。

 

人工股関節全置換術のリスク

除痛効果や、歩行困難などの生活状況の改善が見込まれる人工股関節全置換術ですが、リスクや合併症も伴っています。

 

どのような手術においても、少なからずリスクは有るものですが、前もって知っておくことも大切です。

 

人工股関節全置換術のリスクと合併症としては、

・脱臼

・感染性

・緩みや破損

・血栓症

といったものが挙げられます。

 

脱臼

まず脱臼ですが、稀におおよそ1~3%の割合で、関節自体が脱臼することがあります。

 

回復が十分でない、とりわけ術後3か月以内が注意が必要であると言われています。

 

感染症

次に感染症ですが、手術中や術後早い段階で傷口から感染する場合と、身体の別の場所から侵入してきた細菌が患部で感染症を引き起こす場合があります。

 

糖尿病や肝障害、膀胱炎、ガン、風邪、また虫歯や歯周病などが要因となることもあります。

 

感染症の発生は、1000人に3人程と低いですが、感染が確認された場合には再置換を余儀なくされてしまいます。

 

抗生物質などで対処が可能な場合もありますが、日頃の体調管理が大切になってきます。

 

緩みや破損

人工股関節全置換術の耐用年数は、日常生活の活動度合いにもよりますが、約20年と言われています。

 

それでも年数が経過してくるにつれ、緩みや破損などで痛みなどが生じてきた際には、「再置換」が必要な可能性があるため、早めの受診が必要です。

 

血栓症

血栓症は下肢の手術後によくみられる合併症で、人工股関節全置換術でも発症がみられます。

 

本来下肢を動かすことによってなされる足のポンプ運動が、安静などの理由によって行われず、血流が滞りやすくなり、ふくらはぎの静脈に血栓ができやすくなってしまうのです。

 

形成された血栓が、血管から肺へ移動してしまうと、「肺塞栓症」と呼ばれる重篤な合併症を引き起こすこともあるため、術後の血栓予防はとても重要になります。

 

血栓を予防するには、術後早い段階から足関節やかかとの曲げ伸ばしを行い、血流を良くしたり、血栓症予防の靴下を履くなどの対策を取ることが大切です。

 

保存療法・手術療法どちらにおいても重要な「運動療法」

 

いずれの治療法においても重要なのは、症状の進行や術後の回復を助けるリハビリになります。

 

日常生活動作訓練と指導

とくに人工股関節全置換術などの術後は、脱臼のリスクが高く、日常生活における「座る、立つ」「昇る、降りる」「またぐ」といった動作にも注意が必要になります。

 

股関節が脱臼しやすい「禁忌肢位」というものがあり、そのための動作指導や、福祉用具の説明、住居のアドバイスをもらうこともあります。

 

関節可動域訓練

保存療法においては、長年の骨の変形を残したままでの治療になるため、特段の改善は難しいですが、手術後の骨の変形が矯正されている状態では制限が少ないため、術後早期から関節の可動域改善のための取り組みが始まります。

 

筋力トレーニング

ストレッチや筋力トレーニングには、変形性股関節症の進行を遅らせる効果があります。

 

痛みなどから長年動かさずにいることで、筋力の低下や筋萎縮などを起こしている場合が多くあります。

 

術後に関しては、術創部周辺の腫れや痛みから極端な筋力の低下もみられます。

 

また、下肢を動かさないことによる血栓の発生を予防するためにも、まずは早い段階から自分の足を持ち上げるなどの自主訓練も大切になってきます。

 

危険な深部静脈血栓

避けたいのが、安静や痛みなどからの不動により下肢にできる血栓から引き起こされる合併症、肺塞栓症(エコノミークラス症候群)です。

 

下肢の手術後、安静期間などに起きやすい血栓ですが、この血栓が肺へ移動し肺動脈を塞ぐことで起きてしまう肺塞栓症は、心肺停止に至る重篤な合併症でも知られています。

 

肺塞栓症では、高齢になるとより発症しやすく、これが原因でなくなる方は60歳以降急激に増えています。

 

手術後などは、血液が固まりやすくなるのも相まって、発生リスクが更に高くなるのです。

 

予防・改善のために

股関節の痛みには、変形性股関節症の他にも、大腿骨頭壊死症、関節リウマチ、大腿骨寛骨臼インピンジメント、といったものがありますが、今回はもっとも多い”変形性股関節症”についてご紹介しました。

 

変形性股関節症の保存療法や手術療法においても、運動による可動域の改善や血流の改善、また術後の回復を促す運動の重要性についてもお話ししました。

 

とくに、重篤なケースに陥る可能性が極めて高い術後の”血栓”予防には、運動が不可欠です。

 

軟骨再生リハビリにも有効

実際にリハビリの現場でも導入されている『あしふみ健幸ライフ』は、座りながら足の運動ができます。

 

あしふみ運動は、股関節にある軟骨再生リハビリにも有効であるとされ、あしふみ健幸ライフの器具は、変形性股関節症の治療にも用いられています。

 

あしふみ健幸ライフによる健康効果は、血行促進による血栓予防や股関節痛の改善、肺塞栓症(エコノミークラス症候群)の予防、リハビリ、高血圧や肥満の改善、脳の活性化や認知機能の改善など、様々です。

 

血栓予防の効果にも確かなものがあり、股関節の可動域改善にも効果を発揮している『あしふみ健幸ライフ』。

 

実際の利用者様からも、嬉しいお声をたくさんいただいています!

 

「電気も使わず」「強い力も必要ない」、使っているうちに体温が上昇し、身体がポカポカとしてきて、血行がみるみる良くなっていくのが実感できます。

 

車椅子に座ったまま、椅子に座ったまま、在宅ワーク中ご自宅でも簡単に。

 

足のポンプ運動は、全身の血液循環に関係しているとても重要なものです。

 

血栓や股関節の痛みに不安がある方は、ぜひご検討ください。

あしふみ健幸ライフは、座ったままで歩行運動ができる
画期的な健康器具です。
お年寄りへのプレゼントにもおすすめです。

あしふみ健幸ライフの詳細はこちら

メルマガ会員募集中!
お得な情報などをお届けいたします。この機会にぜひご登録ください!

ご登録はこちら