2021.01.27足の痺れ

「足の痺れ」原因や対処法、考えられる病気まで

皆さんは普段、足の痺れを感じることはありますか?

 

またそれは、どんな時に感じますか?

 

痺れの原因や対処法、考えられる病気についても、見てみましょう。

 

痺れを知るには「神経」から

何故「神経」から知る必要があるのか。

 

それは、足が痺れるという症状は、神経症状の一つであり、「治る」痺れと「治らない」痺れがあります。

 

そして、それはどの神経がダメージを受けているか変わるからです。

 

人の神経を大きく2つに分けた場合、「中枢神経」と「末梢神経」に分けられます。

 

中枢神経

 

中枢神経は、脳と脊髄までの神経のことを言います。

 

体の中心にある重要な部分であることから、中枢神経と呼ばれています。

 

残念ながら、中枢神経が原因で痺れが起きている場合は、中枢神経は再生しないため、治すことができません。

 

末梢神経

 

末梢神経は、中枢神経以外の神経系のことで、全身の器官や組織(手や足、心臓や肺など)に存在しています。

 

脳や脊髄といった、中枢神経からの信号を全身へ送るための、とても重要な神経です。

 

末梢神経は再生することができるため、この神経が原因による痺れは治る可能性があります。

 

※ただし、末梢神経でも改善が期待できない痺れもあります。

 

末梢神経を細かく分けた場合、神経の中心にある「軸索」(じくさく)と呼ばれるものと、それを覆っている「髄鞘」(ずいしょう)と呼ばれるものがあります。

 

もしも、神経が軸索から離れてしまった場合、末梢神経が原因の痺れであっても、改善が見込めない場合もあるのです。

 

足が痺れる3つの原因

 

足の痺れには、大きく分けて3つの原因があります。

 

血行不良

 

一時的に現れる痺れの主な原因は、長時間座っていることや、同じ体制を取り続けることで血流がせき止められてしまうこと。

 

血液が溜まっている血管に神経が圧迫され、血行不良になることが原因で起こります。

 

神経障害

 

神経には、「中枢神経」と「末梢神経」があり、ダメージを受けている場所によって「中枢神経障害」なのか「末梢神経障害」なのかに分かれます。

 

末梢神経障害の場合、自律神経や運動神経、感覚神経があるので、自分で身体を思うように動かせなかったり、「痛い」などの感覚、「冷たい」や「温かい」といった温度的な感覚の異常にとても大きく関係しているそうです。

 

 

その他の疾患や病気など

 

痺れや麻痺と聞くと、重篤な病でしたら「脳梗塞」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

 

中枢神経である脳に異常が起きると、一時的に痺れや麻痺と言った症状が出ることがあり、それが脳梗塞の特徴です。

 

また、食生活の乱れや運動不足、喫煙やストレスと言った生活習慣の乱れから、「動脈硬化」で血管が狭くなり、血液の通り道が塞がってくると、手足に痺れが出ることもあります。

 

他にも、糖尿病の進行により痺れが出ることもあります。

 

痺れとともに現れる”むくみ”

足の痺れとともに、むくみが出ることも少なくありません。

 

どうして、むくむのでしょうか?

 

人は、正常な状態ですと血液が全身を循環して、不要な老廃物や水分を消化器官へと流し、分解・処理しています。

 

ですが、長時間のデスクワークなどで座りっぱなしの状態が続くと下半身の血流が滞り、流されるはずのこういった老廃物や水分が行き場を無くし、足の皮膚の下に溜まってしまい、足のむくみとして現れるのです。

 

血液は重力の影響もあって下へと流されます。

 

下肢へと流されてきた血液を循環させるのに大切なのが、足の筋肉です。

 

足の筋肉、とくに「ふくらはぎ」はポンプのような働きをして、血液を心臓へと送り返す重要な役割を担っています。

 

ですが、長い時間座っていることによって、下肢の血流がせき止められ、さらに足を動かさないことでポンプ運動がなされず、足がむくみやすくなってしまうのです。

 

筋肉量と血流の関係

 

また冷えやすいと、むくみを加速してしまいます。

 

冷えやむくみは女性に多く聞きますが、それは男性に比べて女性の方が全身の筋肉量が少ないためだとも言われています。

 

女性は男性よりも10%ほど筋肉量が少ないと言われていて、ご高齢の方になると筋肉量はさらに少なくなっていきます。

 

筋肉には、血液を心臓へと送り出す機能もあるため、筋力が衰えるとその機能も低下してしまうのです。

 

また、筋肉には熱を生み出す機能もあるため、運動不足や老化による筋力の低下は、冷えや血行不良へとつながってしまうのです。

 

血行不良からくる痺れに有効な対処・予防法(マッサージ)

足の痺れを感じた時にすぐ出来るマッサージや、痺れを起きにくくする、ちょっとした予防法をご紹介!

 

ふくらはぎ

 

血液循環により重要な”ふくらはぎ”の筋肉を揉み解しましょう。

 

ふくらはぎの筋肉は、縮んだり膨らんだりしてポンプのような働きをします。

 

そのポンプのような働きで、下に溜まった血液を上へと押し戻す役割を担っているため、血流にとても大きく関係しています。

 

①ふくらはぎの一番上、膝の真下を両手で大きく包み込むように掴みます。

 

②掴んだら、そのまま両手を上から下、下から上へと足首まで血液が流れるのをイメージしながらマッサージします。

 

③この動作を繰り返します。

 

毎日5分程度行うだけでも、足の血流改善に効果があります。

 

ふくらはぎは疲労が溜まりやすい場所で、できれば毎日、お風呂上りなど体が温まっている時に行うと、効果倍増です。

 

足の指先

 

足の指先は、普段動かすことがほとんどなく、凝り固まりやすい場所。

 

動いていない時には、血液も行き届きにくい部位です。

 

①足の指を一本ずつ、指の付け根から先までこするようにほぐします。

 

②全ての指に行います。

 

③次に、指を一本ずつ大きく開いて、円を描くように回しながらほぐします。

 

④全ての指に行います。

 

⑤最後に、全ての指を掴んで、大きくストレッチするように手前に反らせます。

(アキレス腱まで伸びる感じをイメージします)

 

⑥両足行いましょう。

 

眠る前に行うと、睡眠の質が良くなり、疲労回復にも効果があると言われています。

 

心当たりの無い足の痺れ

 

足の痺れを訴える方の中には、長時間の座位や無理な姿勢を取り続けたというような、思い当たる節が無い方もいらっしゃいます。

 

また身体の片側だけに痺れを感じる場合には、重篤な病気が考えられる場合もあります。

 

足の痺れから考えられる病

 

閉塞性動脈硬化症

 

この病気は、生活習慣病などの影響によって、動脈の内膜に悪玉コレステロールといった脂肪などが溜まり、血管が硬く狭くなってしまったり、詰まったりしてしまう病気です。

 

主に手や足、とくに下肢の血管に起こり、手や足に十分な酸素や栄養が行き届かないことで血行障害になることが原因で起こります。

 

初期の段階では、手や足の痺れとともに、手足が青白くなったり冷たくなったりします。

 

進行してしまうと、何もしていない時でも足が痛んだり、刺すような痛みを感じることもあります。

 

最悪の場合、指先にまで酸素や栄養などが行き届かないことで、足先の小さな傷などから、壊死にまで至ることもあります。

 

初期の段階で発見できれば、病気の進行を遅らせたるための薬物療法や運動療法、生活習慣の改善などの手立てが出来ます。

 

脳梗塞

 

手足の痺れと聞くと、ピンとくる方も多いかと思います。

 

脳梗塞は、動脈硬化が大きな原因としてよく挙げられます。

 

脂質などがこびりついて血管が細くなったり、また加齢によって血管が硬くなることで、血行障害となって起こります。

 

動脈硬化によって血管が詰まった場所が発生すると、その箇所で血液が固まって「血栓」ができます。

 

こうした血栓が、脳の血管をふさいでしまうことで脳梗塞になってしまうのです。

 

動脈硬化の原因である生活習慣や運動不足などによる肥満、喫煙・飲酒の習慣を改善することで、脳梗塞の発症を防ぐことにも繋がります。

 

顔や左右の手足のどちらかに痺れが出たり、言葉が出づらい、物が見えづらい、嘔吐するといった症状が出たら要注意です。

脳出血

 

脳出血は、脳内の血管が破れて出血している状態で、

原因として最も多いのが、「高血圧」と言われています。

 

慢性的な高血圧の状態が続くと、脳内の小さな動脈が弱くなり、急激な血圧の上昇などにより血管が破れて出血してしまいます。

 

高血圧も動脈硬化の原因となり、血液がドロドロになることで引き起こされます。

 

症状は、出血した場所などにもよりますが、主に片側の手足に痺れが出たり麻痺が出たりします。

 

言葉が出づらかったり、手足が動かしにくいと言った症状があり、強い頭痛やめまい、嘔吐を伴うこともあります。

 

脳出血の主な原因となる高血圧を防ぐことが重要で、食事の面では塩分を控えたり、生活習慣の改善が大切です。

 

日常的に高血圧であれば血圧をコントロールする薬を服用したりして、血圧の管理に努めることが重要です。

 

慢性くも膜下血腫

 

慢性くも膜下血腫は、脳を包んでいる膜と脳の表面の間に起こる出血で、ゆっくりと血液が溜まることによって引き起こされます。

 

転倒したり、頭を強く打ったりすることで発生し、時には軽く頭をぶつけただけでも起こることがあるので、高齢者はとくに注意が必要です。

 

また、頭を打っていなくても発症することがあり、普段から飲酒の量が多い人や、血液をサラサラにする薬を服用している人は、発症のリスクが高いと言われています。

 

頭を打った直後には異変はなく、2~3週間後や数か月経ってから症状が現れます。

 

始めのうちは元気が無くなってきたり、よく眠るようになったりして、徐々に片側の手足が痺れたり、動かしづらい、喋りづらい、頭痛、ひどい場合は意識障害を起こすこともあります。

 

しばらく経ってから症状が出るため、頭を打ったことを忘れているケースもあり、高齢者の場合は認知症などと間違われることもあります。

 

また治療後に、発症者の1割の方が再発すると言われていて、とくに脳の萎縮が進んでいる高齢者は、脳の周りのスペースが大きくなるため、流れ出てた血液が溜まりやすくなります。

 

普段から飲酒量が多い方も、慢性くも膜下出血を起こしやすいと言われていて、飲酒量が多いと脳が萎縮しやすいことが原因です。

 

椎間板ヘルニア

 

椎間板ヘルニアは、加齢や、重い物を持ち上げたり、悪い姿勢を長時間とることで発症することが多く、喫煙が原因になることもあります。

 

髄核と言われる椎間板の中心にあるゲル状のものが、本来の位置からはずれてしまい、神経を圧迫することで痺れや痛みが生じます。

 

加齢によって起こる理由は、椎間板が老化すると、髄核がはずれやすくなるためです。

 

喫煙によって発症する理由は、たばこに含まれるニコチンが椎間板周辺の毛細血管を収縮させ、毛細血管の数が減ってしまうためです。

 

毛細血管が減ってしまうことで、十分に栄養が行きわたらず、椎間板のクッション性が無くなり変形してしまいます。

 

クッション性が失われると、骨同士が接触して痛みが生じるのです。

 

痛みや痺れの現れ方は発生した場所にもよりますが、腰椎椎間板ヘルニアでは、足の痛みと痺れを伴います。

 

筋力の低下や歩行困難も見られ、自力での排泄が困難になることもあります。

 

日頃から禁煙に取り組んだり、習慣的な運動や筋力をつけておくことで、椎間板ヘルニアの予防にも繋がります。

 

おかしい痺れに気付いたら

 

足の片側だけや、何の覚えもない痺れに気付いたら、我慢せず早急に、痺れを専門に診てくれる「神経内科」へご相談されることをおすすめします。

 

また、痺れとともに腰・肩・首の痛みがある場合には「整形外科」を受診されても良いかもしれません。

 

早期の発見により、重症化する病を防ぐことが出来る可能性もあります。

 

また、痺れを伴う病の中でご紹介した病気の共通点には、生活習慣が大きく関係しているという点があります。

 

喫煙や多すぎる飲酒量、偏った食事、運動不足は重篤な病を引き起こす大きな要因です。

 

足の痺れを感じた時には、運動不足になっていないか、血流が悪くなっていないか、食生活は乱れていないか、など思い返してみましょう。

 

仕事や様々な事情から、運動をする機会が無い方も多くいらっしゃいますが、運動は職場や自宅といった室内でも行うことが出来ます。

 

「あしふみ健幸ライフ」は、座ったままでも運動が可能です。

 

運動不足の解消だけでなく、血液循環にとても重要な足の筋肉を鍛え、下半身に溜まりやすい血液を全身へと巡らせる働きを助けます。

 

足の筋肉を鍛え、運動不足を解消することで、健康を維持・向上、また防げる病気もたくさんあります。

 

今からでも、できる対策を!

あしふみ健幸ライフは、座ったままで歩行運動ができる
画期的な健康器具です。
お年寄りへのプレゼントにもおすすめです。

あしふみ健幸ライフの詳細はこちら

メルマガ会員募集中!
お得な情報などをお届けいたします。この機会にぜひご登録ください!

ご登録はこちら