新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2021.01.15足の痺れ

様々な原因から起こる「足の痺れ」血行不良や運動不足が原因!?

皆さんは、足の痺れを感じたことはありますか?

 

正座や長時間座っていると、足がピリピリと痺れてくることは、多くの方が経験されているのではないでしょうか?

 

この症状は、血管が圧迫されたことにより、神経が麻痺して起こる症状です。

 

それ以外にも、椎間板ヘルニアと言った坐骨神経痛や、脳梗塞の前触れ、糖尿病の進行といった重篤な病が原因で引き起こされるものもあります。

 

いずれにしても、痺れの症状はあまり緊急性が無いことや、痛みを伴うことが少ないため、ついつい放置したり我慢してしまいがちですよね。

 

正座や座り過ぎによる一時的なものから、脳梗塞のような重篤な原因が潜んでいる可能性もあるので、その痺れが一過性のものなのか、安静にしている時でも常に感じるものなのか、よく注意することが大切です。

 

痺れの3つの原因

 

では、足の痺れの主な原因について見てみましょう。

 

足の痺れには、大きく分けて3つの原因があります。

 

血行不良

 

一時的に現れる痺れの主な原因は、長時間座っていることや、同じ体制を取り続けることで血流がせき止められてしまうこと。

 

血液が溜まっている血管に神経が圧迫され、血行不良になることが原因で起こることが多いそうです。

 

この場合は、軽い運動やストレッチ行うことで、血流を元の状態に戻せば、神経への圧迫も減り、徐々に痺れの症状も引いていきます。

 

神経障害

 

神経には、「中枢神経」と「末梢神経」があり、ダメージを受けている場所によって「中枢神経障害」なのか「末梢神経障害」なのかに分かれます。

 

末梢神経障害の場合、自律神経や運動神経、感覚神経があるので、自分で身体を思うように動かせなかったり、「痛い」などの感覚、「冷たい」や「温かい」といった温度的な感覚の異常にとても大きく関係しているそうです。

 

その他の疾患や病気など

 

痺れや麻痺と聞くと、重篤な病でしたら「脳梗塞」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

 

中枢神経である脳に異常が起きると、一時的に痺れや麻痺と言った症状が出ることがあり、それが脳梗塞の特徴です。

 

前兆として、視野が狭くなったり言語障害などが出たりする場合があります。

 

また、食生活の乱れや運動不足、喫煙やストレスと言った生活習慣の乱れから、「動脈硬化」で血管が狭くなり、血液の通り道が塞がってくると、手足に痺れが出ることもあります。

 

例え短い時間の出現であっても、急な手足の痺れを感じたときには、脳梗塞の前触れの可能性も疑いましょう。

 

他にも、糖尿病が進行して「痺れ」を伴う「神経症」という合併症を発症してしまうことも多くあります。

 

この場合、手足が痺れる他に、足を角にぶつけたり怪我をしても気付かないほど感覚が鈍くなったりします。

 

この症状は、糖尿病予備軍の段階では見られず、こういった症状が現れるころには、病状がかなり進行していることが多いのだそうです。

 

また、痺れとともに現れることもある麻痺にも種類があり、カテゴリー別にご紹介します。

 

麻痺の種類

 

麻痺の種類

 

感覚低下

 

「冷たい」や「温かい」と言った温度的な感覚や、痛みや触れられた感覚が鈍くなったり、或いは全く感じなくなったりすること。麻痺に近いような状態です。

 

運動麻痺

手足が動かしにくくなったり、自分で身体を動かすことが難しい状態。筋力が弱くなって、身体に力が入らないような感覚があります。

 

異常感覚

 

感覚が鈍くなったり、感じにくくなるのではなく、安静にしている時でも、ピリピリやジンジンと言った感覚があり、場合によっては触ったときにこういった感覚が一時的に出ることもあります。

 

片方の足だけ痺れを感じることも?

足の痺れを訴える方の中には、両足ではなく片側の足だけが痺れるという方もいらっしゃいます。

 

片方の足だけが痺れる原因にも、いくつか種類があるのでご紹介します。

 

腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばんへるにあ)

 

腰にある骨(椎骨:ついこつ)と骨の間にある、クッション的な役割をする軟骨、これが「椎間板」と呼ばれるものです。

 

この椎間板が、構造上の負担から壊れてしまい、椎間板の中心にある髄核というゲル状のものが、神経の通っている部分に飛び出してしまい、神経を圧迫してしまう病気です。

 

背中や首、腰などの場所でも発生することがあるそうです。

 

この髄核が飛び出るときに、左右のどちらかに飛び出ることが多いため、片方だけ痺れる、痛いといった症状が出るのです。

 

ですが、真後ろに飛び出すこともあり、この場合両側に症状が出ることもあります。

 

主な症状としては、腰痛、下肢の疼痛(とうつう)、痺れ、むくみ、感覚麻痺、運動麻痺、排泄障害など

 

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)

 

背骨の内部を通っている神経やせき髄の通り道である、脊柱管が狭くなることによって、腰の痛みや足の痛み、痺れといった様々な症状が現れる病気です。

 

この病気の主な原因は、加齢によって椎間板が変形して、椎間関節が肥大することが原因だと考えられています。

 

この病気は、自然治癒は見込めないそうで、薬物治療や手術が必要になるそうです。

 

ですが、軽い症状で日常生活にそれほど支障をきたしていなければ、骨格のバランスや筋肉のメンテナンスをすることで、状態をキープする方法をとることも出来るそうです。

 

主な症状としては、歩いている時に、徐々に足が痺れたり痛くなる。少し休むと、痺れや痛みは引いてくる。

 

脳疾患によるもの

 

脳梗塞や脳出血、脳腫瘍と言った重篤な脳疾患の場合、発生した場所が脳の中心部分でなければ、左右のどちらか片側に症状が出ます。

 

中でも、脳梗塞と脳出血はしびれなどの症状が急に現れることがあるので、急な痺れを感じたときには要注意です。

 

このように、片側にだけ痺れや違和感がある時には、早急に医療機関を受診するようにしましょう。

 

放っておくとどうなる?

では、こういった痺れを放っておくとどうなるのでしょうか?

 

実は腰椎椎間板ヘルニアは、放置しても自然に消えたり小さくなったりすることもあります。

 

これは、血液中の白血球の働きによるものだと考えられています。

 

白血球が、飛び出した椎間板の髄核に反応し、これを溶かして吸収する働きがあるためだと言われています。

 

 

白血球には、体内に侵入してきた細菌をやっつけるだけでなく、このような働きもあるのですね。

 

ですが、椎間板ヘルニアは放置しても自然に消えたり小さくなることもありますが、全ての椎間板ヘルニアがそうであるとは限りません。

 

歩行困難や排泄障害に繋がることも!

 

歩行困難や排泄障害に繋がることも!

 

飛び出た椎間板が大事な神経を圧迫し、これを放置していると、腰の痛みが慢性化したり、最悪の場合には、痛みや痺れから歩行困難や下半身の麻痺を招くこともあります。

 

下半身の麻痺にまで至った場合には、自力での排泄が困難になることもあります。

 

症状を放置してしまうと、取返しのつかない事態にまで発展することもあるのですね。

 

始めはどんなに小さな症状でも、注意深く観察して、「おかしいな」「心配だな」と思う時には、早めに対処したいですね。

 

血行不良からの痺れも放っておかないで

長時間同じ姿勢でいることや、座り過ぎからくる血行不良の痺れも、すぐに良くなるからと放置していては、やがて大きな病気に繋がることもあります。

 

座り過ぎや運動不足が原因で、血液の流れが滞った状態は、血液中の栄養や酸素が脳や体中に十分に行き届かず、不要な水分や老廃物もどんどん蓄積されてしまいます。

 

また、ストレスやダイエット、運動不足などの生活習慣からくる血行不良も、自律神経に悪影響を及ぼし、更なる手足の痺れを招いたり、悪化させてしまいます。

 

その状態が続けば、それも長ければ長いほど身体への負担も大きくなります。

 

生活習慣病として悪名高い、動脈硬化や高血圧の恐れもあり、これらが脳梗塞や心筋梗塞といった病気の発症にもつながっていくのです。

 

重篤な後遺症

 

こうした病気は、一歩間違えば命を失うことさえあります。

 

発症後には、取り返しのつかない重篤な後遺症が残るケースも少なくありません。

 

普段から運動不足や座っている時間が長い方、血行不良の心配のある方は、生活習慣などを見直して、取り返しのつかない病気を発症する前に、血行改善をし、病気を予防していきたいですね。

 

「痺れ」は身体からのサイン

 

痺れ方や痺れる場所、痺れるタイミングにもより意味合いが異なりますが、「放置してはいけない」という身体からの大事なサインです。

 

見逃さず、早めの対処を心掛けましょう。

 

どうやって対処する?

まずは、気になる痺れを感じたときには、医療機関に相談して、どういったときに感じるのか、どの箇所に痺れを感じるのかなど、詳しく調べてもらうことをオススメします。

 

病気によっては、早期の発見によって防げる可能性も高くなります。

 

また、足の痺れの多くの原因は、血行不良から来ることも。

 

とくに運動不足は、血行不良の大きな要因。

 

生活習慣を見直すことも、痺れの原因への有効な対処法の一つです。

 

生活習慣から血行改善、痺れを予防

 

このように足の痺れには、食事や運動などと言った生活習慣が原因として大きく関わっていることもあります。

 

日頃から、食事のバランスを考えたり、運動をして身体をよく動かすようにしたいですね。

 

先に挙げた、痺れや痛みを引き起こす、腰椎椎間板ヘルニアと言った坐骨神経痛や脳梗塞も、生活習慣の改善で予防することが出来ます。

 

足の痺れを感じた時には、運動不足になっていないか、血流が悪くなっていないか、食生活は乱れていないか、など思い返してみましょう。

 

ストレスや喫煙も血行を悪くしてしまいます。

 

仕事や様々な事情から、運動をする機会が少ない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

職場や自宅でも簡単に運動が出来る器具も考案されています。

 

「あしふみ健幸ライフ」は、座ったままでも運動が可能です。

 

血液循環にとても重要な足の筋肉を鍛え、下半身に溜まりやすい血液を全身へと巡らせる働きを助けます。

 

仕事中でもテレビを見ている時でも、足を動かすことで血行を促進!

 

足の痺れが気になったら、ぜひ試してみて下さいね。

あしふみ健幸ライフは、座ったままで歩行運動ができる
画期的な健康器具です。
お年寄りへのプレゼントにもおすすめです。

あしふみ健幸ライフの詳細はこちら

メルマガ会員募集中!
お得な情報などをお届けいたします。この機会にぜひご登録ください!

ご登録はこちら