新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2021.01.15足の痺れ

足の痺れとむくみの原因は「血行不良」!?

足の痺れには、糖尿病や脳梗塞のような重篤な病が原因で引き起こされるものや、椎間板ヘルニアといった坐骨神経痛などが原因で引き起こされるものまであります。

 

中でも、それほど重篤なものまではいかなくても、長時間のデスクワークや、同じ体制を取り続けることで引き起こされる足の痺れとむくみの原因には、共通している点があります。

 

それは、血行不良です。

 

どうして血行不良が原因となって、痺れやむくみが起きるのでしょうか?

 

まずは、痺れが起きる仕組みからみてみましょう!

 

痺れの正体

 

どなたでもご経験があるかと思いますが、正座をしたときや、腕を頭の下に置いてうたた寝をしたりすると、足や腕がジンジンと痺れてしばらく動かすのも痛い、なんてときありますよね?

 

あれは、長い時間一部の神経や血管が圧迫されたことにより、一時的に血流が悪くなり麻痺している状態です。

 

そして、この異常を知らせるためにビリビリとする電流が流れるのですが、これが痺れの正体です。

 

この痺れは、立ち上がることで血流が元に戻り神経が回復することで痺れるという感覚で出てくるのです。

 

では、むくむのは何故?

 

むくみの正体

 

人は、正常な状態ですと血液が全身を循環して、不要な老廃物や水分を消化器官へと流し、分解・処理しています。

 

ですが、長時間のデスクワークなどで座りっぱなしの状態が続くと下半身の血流が滞り、流されるはずのこういった老廃物や水分が行き場を無くし、足の皮膚の下に溜まってしまい、足のむくみとして現れるのです。

 

血液は重力の影響もあって下へと流されます。

 

足の筋肉、とくにふくらはぎはポンプのような働きをして、血液を心臓へと送り返す重要な役割を担っています。

 

長い時間座っていることによって、足の血管が圧迫され血流がせき止められ、さらに足を動かさないことでポンプ運動がなされず、足がむくみやすくなってしまいます。

 

冷えがむくみを加速

 

冷えがむくみを加速

 

また、エアコンなどの空調が良く効いた場所では、体が冷えてさらに血流が悪くなります。

 

座り過ぎや冷えといったダブルパンチで、足の痺れやむくみに拍車をかけてしまうのです。

 

また、冷えやむくみは女性に多く聞きますが、それは男性に比べて女性の方が全身の筋肉量が少ないためだとも言われています。

 

筋肉量と血流の関係

 

女性は男性よりも10%ほど筋肉量が少ないと言われていて、ご高齢の方になると筋肉量はさらに少なくなっていきます。

 

筋肉には、血液を心臓へと送り出す機能もあるため、筋力が衰えるとその機能も低下してしまうのです。

 

また、筋肉には熱を生み出す機能もあるため、運動不足や老化による筋力の低下は、冷えや血行不良へとつながってしまうのです。

 

足の痺れやむくみに、血行不良が大きく関わっていることがわかったところで、私たちが出来る対策は?

 

足の痺れやむくみ防止には、まず運動を!

様々なテクノロジーが進化した現代社会では、3人に1人が運動不足であると言われています。

 

デスクワークやテレワークの普及で、一日の外出がコンビニだけ、もしくは全く出ない日が多い、という方も大変増えています。

 

今は、足の症状が痺れやむくみだけで収まっていても、いずれそれが動脈硬化や高血圧、脳梗塞や心筋梗塞へと繋がることもあります。

 

血液の流れが滞るということは、最悪の場合死へ直結してしまうこともあるのです。

 

痺れやむくみは、体からのシグナルです。

 

見逃さず、「おかしいな」と思うときには医療機関の受診を、また日頃から体を動かして、痺れやむくみを予防しましょう。

 

運動不足は精神にも影響

 

例え短い時間であっても、運動をすることで交感神経が優位になり、色んな物事をポジティブに考えられるようになることが分かっています。

 

交感神経は、心身を活発にする自律神経系を構成する神経の一つで、運動をすることでストレスに強い心身を造ることができます。

 

日常的に運動を続けることで、ストレスを解消する脳内物質や、疲労回復に効果のあるホルモンが安定して供給され、また運動の心地良い疲労感から体が睡眠を求め、質の良い睡眠をとることもできます。

 

また、ハーバード大学での研究では、普段から運動などで体をよく動かしている人は、うつ病の患者数が20~30%低いという結果も報告されています。

 

質の良い睡眠で生活の質が向上

 

程良い疲労感から質の良い睡眠がとれることは、翌日の目覚めが良くなったり、頭が良く働くようになる効果も得られるため、生活の質を向上させることが期待できます。

 

運動不足と不眠にも大きな関係があり、日頃から運動の習慣がある人は、ない人に比べると、より深い睡眠をとることができると言われています。

 

また、日中の運動も効果的ですが、睡眠の3時間前までに、あしふみやウォーキングといった「有酸素運動」を行うと、より良い睡眠が期待できるそうです。

 

ですが、一過性の運動ではあまり効果がなく、大事なのは「習慣的な運動」であることだそうです。

 

このように、運動には痺れやむくみの予防だけでなく、睡眠の質の向上にも効果を発揮するのですね。

 

そうとわかれば、ぜひ運動を習慣付けたいですよね!

 

足を鍛えて痺れ・むくみを予防

 

足は重力によって血液が溜まりやすい場所。

 

心臓から送り出された血液は下へ下へと流れ、足の筋肉によって心臓へと送り返されます。

 

こうして血液は体中を巡って、体内を循環しています。

ですが、立ちっぱなしや座りっぱなしの状態のときには、足の筋肉が動いていないため血流は滞りむくみを引き起こしてしまいます。

 

血液の中には、余分な水分や老廃物も含まれるため、こうした不要なものが溜まってむくみとならないよう、血流が止まって痺れたり、長時間座っていた後には、足を動かして血流を促しましょう。

 

また、日常的に足の筋肉を鍛えることで、足のポンプ機能を高め、血液循環の能力も高めましょう。

 

おすすめは、ふくらはぎの筋肉を使うスクワットや多くの酸素を使う「有酸素運動」のあしふみ、ウォーキングやジョギングなど。

 

初めから激しい運動はかえって負担となり、怪我の原因となることもあるので、始めやすい運動からやってみることをおすすめします。

 

マッサージも効果的!

 

マッサージも効果的!

 

足の痺れやむくみを感じたときには、足全体をやさしくマッサージすることも効果的です。

 

血管の圧迫により痺れている場合は、立ち上がったりして、血液の流れを元に戻すことで緩和されます。

 

血液の流れが滞ったことによるむくみは、ふくらはぎ周辺を上から下へ、下から上へとこするように解すと良いでしょう。

 

仕事で座りっぱなしの多い方や、運動量の少ないお年寄りの方も、時間を決めて行うようにすると、血流が止まった状態が長くなるのを防ぐことができます。

 

どうやって習慣づける?

痺れやむくみの予防にも、運動を習慣付けたいですね。

 

でも、今まで日常的な運動の経験がないと、何をどのようにして続けたら良いのか、全くわからないという方も多いはず。

 

まずは、続けやすさという点から、室内での運動から始めてみるのも良いかもしれません。

 

室内での運動ですと、天候を気にすることもなく、ご自宅や職場、外出先でも行うことができます。

 

酸素を多く取り込める有酸素運動の時間としてすすめられているのが、15分~30分程といわれています。

 

始めやすい有酸素運動として、座った状態からその場であしふみをしたり、スクワットや段差を上り下りしたり。

 

天気の良い日には、少し遠くまで散歩をしたり、体力や時間に余裕が出てきたら、ウォーキングやジョギングというように、徐々に挑戦してみると良いかもしれません。

 

その方の生活状況やライフスタイルにもよりますが、運動のための時間は多すぎても少なすぎても良くありません。

 

あまりきつい運動を続けてしまうと、疲労が解消される前に蓄積されていき、これが習慣化してしまうと、乳酸などの疲労物質が溜まってしまい、疲れやすくなったり身体が重く感じてしまうことがあります。

 

このことからも、適度な運動こそが、健康のカギであることがわかりますね。

 

高齢者の方はとくにケアを

 

高齢になってくると、徐々に足や腰、膝などを悪くされて外出もままならいことも多くなってきますよね。

 

また大きな病気や怪我をきっかけに、外出が困難になり、運動を諦めてしまう方もたくさんおられます。

 

そうなってくると、一日中家の中で過ごしたり、立ったり歩いたりすることもほとんど無くなってしまい、座り過ぎや運動不足から、血行不良、足の痺れやむくみ、また認知機能にも影響してしまうこともあります。

 

運動は痺れやむくみだけでなく、認知機能にも効果が。

日頃から適度な運動を心掛けることは、認知機能にもとても大きな効果をもたらします。

 

米国の研究では、たった10分歩くだけで記憶力が25%も向上することが報告されています。

 

これは、血行が促進されることにより、血液中の栄養や酸素が十分に脳へと送り届けられ、脳が活性化するためでもあると言われています。

 

当ブログでおすすめしている「あしふみ健幸ライフ」は、利用されている方々からたくさんの嬉しいお声をいただいています。

 

足を乗せるだけで動き出すやさしい構造と、高い健康効果から、若い方からお年寄りの方まで、幅広い年齢の方々からご支持をいただき、リハビリの現場でもご活用いただいています。

 

高齢者の方も働き盛りの方も、日頃の生活から足の痺れやむくみを引き起こす原因については、いずれも運動不足や筋力の低下といった、似通った部分が少なからずあるのではないでしょうか?

 

足の痺れやむくみは、体からの大事なメッセージです。

 

長引くことで健康に大きな影響をもたらすこともあります。

 

その原因の一つでもある血行不良を、根本から改善しましょう!

あしふみ健幸ライフは、座ったままで歩行運動ができる
画期的な健康器具です。
お年寄りへのプレゼントにもおすすめです。

あしふみ健幸ライフの詳細はこちら

メルマガ会員募集中!
お得な情報などをお届けいたします。この機会にぜひご登録ください!

ご登録はこちら