2020.12.24ブログ

程良い運動=脳トレになる!

程良い運動=脳トレになる!

 

「最近頭が良く回らない~」

「些細なミスが増えた…」

「言いたいことがまとまらない!」

 

…なんてことはありませんか?

 

そんな時は、運動不足になっていませんか?!

仕事が忙しかったり、様々な理由から運動をする時間がない方も多いのではないでしょうか。

 

運動と脳力にはとても深い関係があります。

 

身体を動かすことは体力づくりや健康維持、様々な病気の予防に必須と言われていますが、実は脳を活性化する効果もあることが多くの研究によって明らかになっています。

 

運動不足は確実に、脳に影響をもたらします。

 

では、運動不足によってどんな影響があるのでしょうか。

 

・ストレス

・学習能力

・うつ

・ADHD(不注意、多動性、衝動性の症状)

・依存性

・生活習慣病

・筋力、体力低下など

 

これらの影響は、運動不足を解消することで改善されることも判っています。

 

脳トレをするなら、運動がオススメ!

 

運動をすることは、脳トレの効果以外にも病気のリスク、筋力UPで免疫力の向上、転倒やつまずきなどの事故防止などそのメリットはたくさん。

 

ゲームやアプリで問題を解いていくのも、おもしろくて楽しめますが、長時間の使用はかえって体に負担になることもありますね。

 

目が疲れてきたり、問題に集中しすぎて姿勢が悪くなったり…猫背や、座っている時間が長くなることで血行不良になることも。

 

ゲーム機やアプリの使用は、なるべく短時間の使用を心掛けましょう。

 

こういった点からも、健康的に脳トレをするなら、やっぱり運動が最もおすすめの方法です。

 

運動が脳に与える影響を詳しく教えて!

 

運動が脳に与える効果として、前頭葉を活発化させるということと、脳細胞が増えるということです。

 

前頭葉は、意欲・創造・実行などを司る部分です。

 

私たち人間が優れた知能を発揮できるのは、この前頭葉の働きのおかげなのです。

 

そして、脳細胞が増えるということは、”ニューロン”と呼ばれる、情報を伝達するための「神経細胞」が増え、この細胞同士の結びつきを強くします。

 

このニューロン同士の信号の伝達が速い人ほど、頭が良くなるのです。

 

足の運動が前頭葉の働きを良くする!

 

そうと判れば、どうしたらこの前頭葉を鍛えられるのか、知りたいですよね。

 

実は、ウォーキングなどの、足の運動が最も効果的であるという学説が有力になっています。

 

運動の中でも、有酸素運動が特に薦められていて、運動をしながら少し、人と話すことがきついな、と感じるくらいの程良い強さで行うと、前頭葉の動きが活発になることが判明しています。

 

脳がしっかりと働くためには、十分な酸素と栄養が必須です。

 

足の大きな筋肉を動かすことで血流が促され、脳にたくさんの酸素と栄養を届けることができるので、それが脳に良い影響を与えることに繋がるのですね。

 

運動の条件は人それぞれ

運動初心者なら、ウォーキングがおすすめ!

 

始めやすく、特別な道具も必要ありません。

 

でも、そうとは分かっていても、運動したいけど「時間が取れない」「外出が難しい」「寒い日や暑い日はつらい」といった、色んな事情があります。

 

そんな様々な状況の方々にも、時間を作らなくても、室内でも、天候を気にせず運動ができる方法はあります!

 

どんな方にも、運動を楽しんでほしい

時間が無い方や、身体の自由が効かない方にも、運動を諦めないでほしい!

 

そんな思いから考案された、『あしふみ健幸ライフ』。

 

やり方はとても簡単です。

 

ただ足を乗せて、委ねるだけ。

 

でも全く力を使わないわけでは無く、少しの力で歩くようなあしふみ運動が、長く続けられます。

 

「あしふみ運動をした後は、言葉が良く出る」

「体がポカポカする」

「毎日何の抵抗もなく続けられそう」

 

と言ったお声をたくさん頂いています!

 

脳トレはもちろん、生活習慣病の予防・改善、運動不足の解消に、ぜひ『あしふみ健幸ライフ』をお試しください!

あしふみ健幸ライフは、座ったままで歩行運動ができる
画期的な健康器具です。
お年寄りへのプレゼントにもおすすめです。

あしふみ健幸ライフの詳細はこちら

メルマガ会員募集中!
お得な情報などをお届けいたします。この機会にぜひご登録ください!

ご登録はこちら