新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2020.11.17鈍痛

つま先の激痛の原因は

つま先の激痛の原因は

 

 

 

つま先に激痛が起こった時、どんなことを疑うでしょうか。たとえば、糖尿病による神経障害でつま先に激痛が起こることがあります。また、痛風の患者さんの中にも、つま先の激痛に悩まされる方は多いようです。

 

 

その他にも外反母趾や坐骨神経痛など、つま先に激痛が起こる疾患は多いのですが、そういった病気に思い当たることはなくても、こむら返りで激痛が起こったことはあるのではないでしょうか。

 

つま先がつって激痛

 

こむら返りの激痛は誰もが一度くらいは経験したことがあると思います。水泳のような運動をしている時につま先がつったり、睡眠中に突然つま先がつって激痛を感じて飛び起きたこともあるでしょう。

 

 

そういったつま先の激痛の原因はミネラル不足と言われ、ミネラル不足は身体の水分が不足していることでもあり、寝ている時のつま先の激痛は睡眠中の発汗作用のために起こりやすくなるのでしょう。

 

 

つま先に激痛がおきたら

 

ただ、水分が不足するということは血流の悪化につながり、日頃から下肢の血液の流れが悪くなりやすい状態にあるのかもしれません。実際、下肢静脈瘤の患者さんはこむら返りを起こしやすいと言われています。

 

 

たびたびつま先に激痛が起こるようになった時は、下肢の血流が悪くなっているのかもしれませんので、ふくらはぎの血管に用心していただきたいと思います。

 

 

特に、年齢とともに足の筋肉が衰えてくると、ふくらはぎのポンプ機能も衰えがちになり、そのため血行が悪くなってつま先に激痛が起こることも増えてくるでしょう。

 

下半身の血行が悪くなると激痛にも

 

さらに、下肢静脈瘤は妊娠中の女性にも起こりやすいと言われていますが、お腹が出てくると下半身の血行が悪くなる場合もあり、つま先に激痛が起こって慌ててしまうこともあるかもしれません。

 

 

つま先に激痛が起こるような事にならないためにも、血行を良くするような体操や動きが必要となりますが、簡単であり効果的な運動として貧乏ゆすり運動を試してみてはいかがでしょうか。

 

 

かかとの上げ下げという単純な動きの貧乏ゆすりには意外な効果があるとされ、なにより下肢の血行改善には適していると思いますので、つま先の激痛で慌てないように、日頃から貧乏ゆすり運動を取り入れていただければと思います。

 

あしふみ健幸ライフは、座ったままで歩行運動ができる
画期的な健康器具です。
お年寄りへのプレゼントにもおすすめです。

あしふみ健幸ライフの詳細はこちら

メルマガ会員募集中!
お得な情報などをお届けいたします。この機会にぜひご登録ください!

ご登録はこちら