新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2020.11.17鈍痛

下半身の鈍痛に効果ある運動とは?

下半身の鈍痛に効果ある運動とは?

 

 

 

年齢と共に起こりやすくなる身体の痛みには皆さん苦労されていることと思います。しかも下半身に起こる鈍痛は辛いだけでなく、毎日の行動を狭めてしまうことに繋がり、特に中高年の方は下半身の鈍痛には敏感になっているのではないでしょうか。

 

 

実際、整形外科や整骨院は、膝や足首など下半身に起こる鈍痛を治療するために通う高齢者の方も多いようですが、その多くが下半身全体の筋力が弱く、また柔軟性が足りていないことが多いようです。

 

整骨院で下半身のマッサージ

 

もちろん、辛い鈍痛であれば整形外科で鎮痛剤を処方してもらう必要もあるでしょうし、整骨院で下半身のマッサージを受けることで鈍痛を和らげるができるかもしれません。

 

 

ただ、いくつになっても鈍痛の起こりにくい下半身であるためには、やはり運動が必要だと思います。もちろん、運動と言っても下半身を鍛えるほどのトレーニングが必要なわけではありませんが、せめてある程度の歩行運動くらいは行ったほうがいいのでしょう。

 

 

 

歩行運動をすることで、鈍痛も起こりにくくなるはずです。

 

 

歩行運動をすることで、太ももやふくらはぎの筋力が回復し柔軟性が戻れば、血行も良くなり足先が冷えることもなく、もちろん鈍痛も起こりにくくなるはずです。

 

下半身は心臓から遠いことや重力の影響もあって血液の戻りが悪くなりやすく、冷えたりむくんだりして鈍痛が起こることも多いようです。

 

座りすぎに注意?

 

特に、座ったまま過ごす時間が長い方の場合は、下半身を使うような行動も少なく鈍痛が起こりやすくなり、鈍痛が起こればさらに身体を動かしたくなくなるでしょう。

 

そこで、毎日の歩行運動が苦手だという方でも、気軽にできる運動があります。それはシンプルで座ったまま使うことのでき、貧乏ゆすりの動きを取り入れた器具になります。

 

 

貧乏ゆすりは、血液の流れを改善して下肢静脈瘤やエコノミー症候群の改善に役立つと言われていますが、毎日続けているうちにいつの間には鈍痛が起こりにくくなっていくと思います。

 

 

足を乗せてその動きに任せるだけで下半身に適度な刺激を与えることができ、下半身だけでなく脳にまで良い影響を与えることができます。

 

あしふみ健幸ライフは、座ったままで歩行運動ができる
画期的な健康器具です。
お年寄りへのプレゼントにもおすすめです。

あしふみ健幸ライフの詳細はこちら

メルマガ会員募集中!
お得な情報などをお届けいたします。この機会にぜひご登録ください!

ご登録はこちら