新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2020.11.17ブログ

自律神経失調症対策

自律神経失調症対策

 

 

自律神経失調症でお悩みの方は佐賀にも大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

 

自律神経失調症やうつ病などの精神疾患は年々増え続けて、全国の患者数は400万人を超えているそうです。もちろん、自律神経失調症を発症したとなれば、専門の病院がいくつもあり適切な治療を受けるべきでしょう。

 

 

ただ、現在は自律神経失調症を発症していない方や、自分だけは自律神経失調症など無縁だと思っている方でも、いつどんなきっかけで自律神経失調症を発症することになるかわかりませんので、まずはご自身でできる心身の健康管理を行っていただきたいものです。

 

自分でできる健康管理の1つが、運動不足にならないように注意することです。

 

 

自律神経失調症は、社会的ストレスや人間関係のストレスが原因になると言われていますが、自律神経失調症になる方もいれば、ストレス解消ができて発症しないで済んでいる方もいるわけです。

 

どこにその差があるのかを考えると、ちょっとした心掛けが関係しているのかもしれません。

 

 

 

自律神経失調症の予防改善にジグリング運動

 

 

たとえば、区切りがつくまで何時間もパソコンに集中して座ったままでいる方と、度々立ち上がってトイレに行ったり、自販でコーヒーを買ったりする方の一日を通して歩く量は大きく違ってきます。

 

自宅では、手を伸ばせば何でも届いてしまうのと、お茶を一杯飲むにも台所に足を運ばなければならない生活では、一日の歩数は大きく違ってくるでしょう。

 

 

座り続けることで身体の血流は鈍くなり、大脳の働きも悪くなります。自律神経失調症で悩んでいる方の中にも、そんな生活に思い当たる方がいるのではないでしょうか。

 

血流を悪化させない

 

そこで、血流を悪化させずに脳の緊張も解いてくれるジグリング運動を試していただければと思います。

 

 

身近なジグリング運動と言えば貧乏ゆすりですが、貧乏ゆすりが下肢静脈瘤や変形性股関節症の改善にも役立つように、自律神経失調症の予防・改善にも役立ちます。

 

 

ストレスの多い仕事をされている方、高齢になって座ったまま過ごすことが多い方などに、簡単にジグリング運動ができるあしふみ健幸ライフをおすすめしたいと思います。

あしふみ健幸ライフは、座ったままで歩行運動ができる
画期的な健康器具です。
お年寄りへのプレゼントにもおすすめです。

あしふみ健幸ライフの詳細はこちら

メルマガ会員募集中!
お得な情報などをお届けいたします。この機会にぜひご登録ください!

ご登録はこちら