新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2020.11.04貧乏ゆすり

貧乏ゆすりが血流を悪化を防ぐ対策に

貧乏ゆすりが血流を悪化を防ぐ対策に

 

 

 

まさか貧乏ゆすりをすることが血液の流れの悪化を防ぐ対策になるとは、思ってもみないことかもしれません。

 

 

確かに、貧乏ゆすりは大きな動きでもなければ、ウォーキングや水泳のように健康のために推奨されるような動きではなかったでしょう。そのため、身体にいいというイメージを持つことは難しいのかもしれません。

 

貧乏ゆすりをすれば行儀が悪い?

 

それどころか、逆にあまりいいイメージを持たれていないのが貧乏ゆすりであり、子供の頃は貧乏ゆすりをすれば行儀が悪いとたしなめられていたはずです。

 

また、貧乏ゆすりの振動が周りに伝わることで、迷惑がられることもあるでしょう。

 

 

ところが、最近は貧乏ゆすりに対する評価が変わり、色々な身体の不具合や不調を防ぐ対策として貧乏ゆすりへの関心が高まっています。その一つが下肢静脈瘤対策です。

 

 

ご存じの方も多いと思いますが、下肢静脈瘤はふくらはぎの血流が悪くなり、静脈の血液を心臓に戻すために働くポンプ機能がしっかり働かなくなったために起こるものです。

 

 

 

貧乏ゆすりでできる対策

 

 

ふくらはぎの静脈の所々が浮いたように目立ってくるために、見た目を気にされる方も多く、その対策で頭を痛める方も多いようです。

 

 

ふくらはぎをマッサージするような対策や真夏でも締め付けるようなハイソックスを履いて圧迫したりと、さまざまな対策を試されているのでしょうが、その対策の一つとして貧乏ゆすりを試されたことはあるでしょうか。

 

 

貧乏ゆすりはふくらはぎを動かすことになり、ふくらはぎの血流改善対策にもなると思います。

 

 

貧乏ゆすりで身体の血流良く

 

 

貧乏ゆすりで下肢の血流が良くなれば、身体全体の血液の循環も良くなるでしょうし、冷え性対策や自律神経の働き改善対策など、さまざまな効果が期待できるでしょう。

 

 

しかも貧乏ゆすりは膝や股関節にも振動が伝わりますので、貧乏ゆすりを行うことで階段の上り下りが楽になったり、杖なしで歩けるようになったという声も聞かれます。

 

 

貧乏ゆすりの動きはジグリング運動と呼ばれていますが、気軽にできる運動として貧乏ゆすりを生活の中に取り入れてはいかがでしょうか。

 

あしふみ健幸ライフは、座ったままで歩行運動ができる
画期的な健康器具です。
お年寄りへのプレゼントにもおすすめです。

あしふみ健幸ライフの詳細はこちら

メルマガ会員募集中!
お得な情報などをお届けいたします。この機会にぜひご登録ください!

ご登録はこちら