新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2020.10.22土踏まず

土踏まずが重たい時の対処・解決法

土踏まずが重たい時の対処・解決法

 

 

土踏まずが重たい時は、足底のツボを押したり足の指を縮ませて伸ばしたりと、いろいろ試されることでしょう。

 

ただ、あまりに思い時は何をやってもダメで、眠ることもできないし、土踏まずだけでなく次第に足全体が重いと感じられてきて、一晩中眠れずに過ごすこともあるのではないでしょうか。

 

 

おそらく、土踏まずが痛いというよりも重いといった状況の方が辛いものかもしれません。

 

そして、土踏まずが重いのは、五十肩のように肩が重い時と似たようなものかもしれません。

 

肩が重い時は、たとえば長い時間パソコンやスマホを扱うことで、腕を一定の高さに保っていたために腕を上げるための筋肉が固くなり、血流が悪くなっているのが原因になっているようです。

 

 

そのため、肩こり対策としては肩周辺や腕の筋肉をもんだり、温めて血流を良くしようとするでしょう。

 

実は、土踏まずが重い場合も似たような状況で、足底の筋肉が疲れて弾力がなくなり足底アーチが伸び切ってしまったために、重いと感じたり痛みが起こることもあります。

 

そして、重いのは土踏まずだけに留まらず、ふくらはぎまで重いと感じるようになるかもしれません。

 

重い土踏まずを軽くしたい

 

 

 

肩にしても土踏まずにしても、重い時は血液の流れを良くすることが大切です。 血流を良くすることで溜まった疲労物質が運ばれて重い症状は治まっていくと思います。

 

そのためには、土踏まずに軽い振動を与えることをおすすめしたいと思います。 たとえば、貧乏ゆすりもその一つです。

 

 

貧乏ゆすりの動きは、土踏まずはもちろんですが、ふくらはぎにも適度な振動を与え、静脈の血流悪化の原因になっているポンプ機能を改善することできるようです。

 

さらに、足底を直接乗せて振動を与えることのできるあしふみ健幸ライフをご利用いただければ、土踏まずに心地よさが伝わると思います。

 

 

そして、足が温かくなったり足が軽くなったと感じることもあり、いつの間にか土踏まずが重いことも忘れて、夜もぐっすり眠れるようになるのではないでしょうか。

 

土踏まずが重い時は、ぜひお試しいただきたいと思います。

 

あしふみ健幸ライフは、座ったままで歩行運動ができる
画期的な健康器具です。
お年寄りへのプレゼントにもおすすめです。

あしふみ健幸ライフの詳細はこちら

メルマガ会員募集中!
お得な情報などをお届けいたします。この機会にぜひご登録ください!

ご登録はこちら