新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2020.10.22老廃物

老廃物が溜まるとこんなトラブルが!老廃物の排出には血流の改善が必要

老廃物と血流の関係を知っておこう

 

 

老廃物の対流と血流は切っても切れない関係にあり、新陳代謝の低下で血流が滞ると、老廃物によってあらゆる不調が起こりやすくなります。

 

それではまず、老廃物によって起こりやすくなる不調からご紹介していきましょう。

 

 

血流が悪いと筋肉疲労がなかなか抜けない

 

 

老廃物は血中内やリンパ管内に溜まり、新陳代謝機能が正常に働いていれば、老廃物が一時的に溜まったとしても長くは留まらず、スピーディーに排出されていきます。

 

それは、新陳代謝が正常に働いていれば、血液の流れがスムーズで、老廃物がすんなり排出されるからです。

 

そして、このコンディションで運動した場合、運動直後に筋肉疲労が起こったとしても、それは短時間で抜けていきます。

 

一方、新陳代謝の低下で血行不良が起こっていると、運動で硬直した筋肉が血管を圧迫して血流が滞り、血流が滞るから筋肉疲労が抜けないという悪循環が起こりやすくなるのです。

 

 

むくみで四肢がパンパンに

 

むくみで四肢がパンパンに

 

 

たとえば、飛行機で長時間フライとして目的地に到着したとき、飛行機の搭乗前には履けていたはずの靴が履けなくなるということはないでしょうか。

 

これは、同じ姿勢で長時間フライトしたことによって血流が滞り、老廃物が体内に留まることによって起こる状態です。

 

フライト中にはずっと座りっぱなしで、立ち上がるとしたらトイレくらいなものでしょう。

 

こうして同じ姿勢を長時間続けることが、血液が循環して心臓に戻されるスピードが落ち、結果としてむくみが起こるのです。

 

 

あまり食べなくても太る

 

 

老廃物とは、食事から摂った栄養素が体内に吸収された残りカスを意味し、血流がスムーズな状態なら排泄物や汗として体外へ排出されていきます。

 

一方、老廃物が体内にいつまでも留まっていると、それが血管やリンパ管を圧迫して血流が滞ったりリンパの流れが悪くなったりします。

 

すると、老廃物の排出スピードがますます鈍り、あまり食べていなくても太るといった現象が起こることがあるのです。

 

 

とにかく身体が冷える

 

 

血液には、老廃物を運んで体外へ排出させる役割のほか、血管の隅々に栄養成分や酸素を送り届けたり、熱エネルギーを発生させたりする役割もあります。

 

そして血管内に老廃物が留まっている場合では、血流が滞って末端の毛細血管に届くスピードが遅れ、身体全体に冷えを感じるようになります。

 

その結果、手足が冷える末端冷え性や低体温などの症状が現れやすくなるのです。

 

 

慢性的な便秘が起こりやすい

 

慢性的な便秘が起こりやすい

 

 

新陳代謝が低下すると内臓の機能が弱ることがあり、これによって慢性的な便秘が起こりやすくなります。

 

これは、腸の働きが弱ることで腸内の悪玉菌が増殖し、老廃物を溜めこみやすくなるからです。

 

すると、増え続ける悪玉菌が便から有害物質を放出させ、身体に有害な物質を作り出すことになります。

 

このように腸内環境が悪化すると、有害な物質が血管内を巡って外部に排出されますが、この時には毛穴や口から悪臭が漂ったり、ニキビができたりするなどのトラブルが起こりやすくなるのです。

 

腸内環境の悪化は食事である程度改善できますので、まずは乳酸菌食品や発酵食品、水を多めに摂り、腸内の善玉菌を増やすことに尽力してみましょう。

 

 

虚血性疾患のリスクが増大

 

 

老廃物によって血流が悪くなると、心筋へ血液を流す冠動脈という部分の血流も悪くなり、虚血性疾患を発症するリスクが高まります。

 

ご存じの通り、心臓は全身に血液を巡らせる大切な役割を持っていますので、この部分の働きが弱まってしまえば、最悪生命にも危機が及びます。

 

虚血性疾患には、心筋梗塞や狭心症があり、どちらも素早い処置が必要な大変危険な病気です。

 

このような病気を発症しないためにも、体内の老廃物をいち早く取り除き、健康的な生活を送りたいものですね。

 

 

老廃物の排出は血流の改善から!今すぐできるのはこの方法

 

老廃物の排出は血流の改善から!今すぐできるのはこの方法

 

 

老廃物を取り除くいちばんの近道、それは血流を改善する対策を行うということです。

 

新陳代謝の低下でスピードが緩やかになっている血流は、一朝一夕には改善できません。

 

しかし、日ごろからの対策を積み重ねていけば、時間はかかったとしても改善を目指すことは可能なのです。

 

それでは、血流を改善する対策にはどのような方法があるのかご紹介していきましょう。

 

 

リンパマッサージ

 

 

リンパマッサージは、特別な資格や技術がなくてもセルフで行える便利な方法で、お風呂上がりなど血流が良くなっているタイミングを狙って行えば、より一層の血流改善作用が生まれます。

 

リンパマッサージは、文字通りマッサージでリンパを流す方法ですが、これによってリンパがスムーズに流れれば、リンパ管による血管の圧迫が緩和されます。

 

すると、血液もスムーズに流れるようになって老廃物の排出スピードも速まるのです。

 

 

ストレッチ&エクササイズ

 

ストレッチ&エクササイズ

 

 

無理のないストレッチやエクササイズを行うと、血流が自然に良くなって老廃物のスピーディーな排出に役立ちます。

 

ストレッチは筋肉や腱の柔軟性向上に役立ち、エクササイズはトレーニングのため筋力向上に役立ちます。

 

エクササイズではハードルが高いと感じるなら、まずはストレッチでゆっくりと筋肉や腱を伸ばすところから始めてみましょう。

 

そしてストレッチに慣れたら、少々ハードなエクササイズにもチャレンジして、血流の改善による老廃物の排出を目指しましょう。

 

 

ながら運動

 

 

ストレッチやエクササイズが老廃物の排出に役立つことがわかっても、そもそも運動が嫌い、苦手という方の場合では、なかなか重い腰を上げる気にはならないかもしれません。

 

それなら、運動器具を使った”ながら運動”ではいかがでしょうか。

 

「あしふみ健幸ライフ」の健康器具は、椅子やソファに座った状態で運動できるアイテムで、運動が嫌いでも苦手でも、簡単に実践できるという特徴があります。

 

これなら、どんなにズボラな方でも気軽に運動を実践できるでしょう。

 

 

三日坊主になりにくいのはながら運動

 

 

 

ソフトなストレッチやエクササイズなら早い段階で身体が慣れるため、続けやすいというメリットがあります。

 

しかし、運動が嫌い、苦手という方の場合では、少しストレッチやエクササイズをやってみて、筋肉が痛い、身体がだるいなどを感じた途端、これらを中止してしまう可能性否めません。

 

しかしそれでは、血流改善や老廃物の排出には役立たないでしょう。

 

つまり、続けやすさを最重視するなら、運動器具による”ながら運動”が最もおすすめだということですね。

 

ご興味があれば、ひとまず「あしふみ健幸ライフ」の公式サイトから商品を確認するとともに、医師のコメントや口コミについても目を通してみることをおすすめします。

 

 

まとめ

 

 

老廃物がいつまでも体内に滞留していると、思わぬ不調や病気のリスクが高まります。

 

このような事態を防ぐためには、食事に注意を払いつつ、適度な運動を生活の中に取り入れることが大切です。

 

とはいえ、簡単なストレッチやエクササイズでも、運動が嫌い、あるいは苦手という方にとってはハードルが高いように思えてしまうのではないでしょうか。

 

そのような方は、無理にストレッチやエクササイズを行うのではなく、今回ご紹介した「あしふみ健幸ライフ」の健康器具を使って、簡単な運動にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

この健康器具なら、椅子などに腰掛けた状態で両足を乗せて足踏みするだけですので、苦痛を覚えることなく自然に運動できるはずですよ。

あしふみ健幸ライフは、座ったままで歩行運動ができる
画期的な健康器具です。
お年寄りへのプレゼントにもおすすめです。

あしふみ健幸ライフの詳細はこちら

メルマガ会員募集中!
お得な情報などをお届けいたします。この機会にぜひご登録ください!

ご登録はこちら