新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2020.10.13下肢静脈瘤

下肢静脈瘤の辛さを知っている秋田の方に

下肢静脈瘤の辛さを知っている秋田の方に

 

 

下肢静脈瘤は、比較的年齢が高めの方に多く見られるようですが、特に女性に多いという特徴もあります。そして、女性ならではの下肢静脈瘤の辛さもあり、秋田にも何とかしたいと思っている方がいるでしょう。中には40代の頃から下肢静脈瘤が気になりだして悩む方も多いようです。

 

 

下肢静脈瘤は、命に関わることはないと言われていますが、女性にとっては美容的にも悩んでしまうものです。職場の女性の制服がスカートであれば、下肢静脈瘤を隠す工夫をする方もいるようです。

 

 

下肢静脈瘤予防のために厚めのストッキングを履いたり、1年中弾性ストッキングが手放せないという方もいるでしょう。秋田で暮らしていても、さすがに真夏の弾性ストッキングは耐え難いものです。

 

 

下肢静脈瘤とは

 

 

足の血管がコブになる病気、それが下肢静脈瘤。 下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)は足の血管の病気です。

 

下肢とは足のことで、静脈瘤は血管(静脈)が文字どおりコブ(瘤)のようにふくらんだ状態のことをいいます。 下肢静脈瘤は良性の病気ですので急に悪化したり命にかかわることはありませんので安心してください。

 

 

 

下肢静脈瘤が女性に多いのは?

 

 

なぜ下肢静脈瘤が男性よりも女性に多いかと言えば、足の筋力が影響しているようです。

 

足の筋力が弱いと静脈の血液を戻すポンプの働きが弱くなり、その結果ふくらはぎの血管が詰まりやすくなり下肢静脈瘤ができてしまいます。筋力の衰えは年齢にも関係しますので、下肢静脈瘤が高齢者に多いのも納得いくことです。

 

 

もちろん、足の筋力の衰えは生活習慣や仕事の形態によっても違うわけですが、確かなことは歩くことが減って、座って過ごす時間が長いと足の筋力が衰えてしまうということです。

 

 

また、立ち仕事は意外に足の筋肉を使っていないため、キッチンに立つことの多い女性は下肢静脈瘤になりやすいのでしょう。

 

 

下肢静脈瘤ができやすい理由は!?

 

 

さらに、妊娠によって体重が増え骨盤内の静脈が圧迫されるために、下肢の血液が戻りにくくなることも下肢静脈瘤ができやすい理由でしょう。

 

 

下肢静脈瘤は見た目の悪さだけでなく、悪化するとさまざまな症状が出てきます。たとえ命に関わることのない疾患だと言っても、足のだるさやかゆみ、こむら返りが起こりやすく潰瘍ができる場合もあり、早めに手を打ちたいものです。

 

 

身体が冷えると血流も悪くなる

 

運動に合わせて、しっかりとお風呂に入りましょう。

 

なお、お湯の温度は42~43℃、15分を目安にゆっくりお湯に浸かりましょう。

あしふみ健幸ライフは、座ったままで歩行運動ができる
画期的な健康器具です。
お年寄りへのプレゼントにもおすすめです。

あしふみ健幸ライフの詳細はこちら

メルマガ会員募集中!
お得な情報などをお届けいたします。この機会にぜひご登録ください!

ご登録はこちら