新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2020.10.13下肢静脈瘤

下肢静脈瘤を心配する青森の方へのアドバイス

下肢静脈瘤を心配する青森の方へのアドバイス

 

 

 

下肢静脈瘤でお困りの方は青森にもたくさんいらっしゃるでしょう。特に、寒い時期は悪化して命に関わるのではないかと心配される方も少なくないと思います。ただ、下肢静脈瘤は命に関わるような疾患ではなく、比較的多くの方が経験されている疾患です。

 

 

そうは言っても見た目は気持ちのいいものではなく、悪化すれば皮膚が変色したり、痒みに悩まされたりすることもあります。

 

 

そして、まず必要な情報としては、下肢静脈瘤は何科を受診すればいいのかということかもしれませんが、血管外科や形成外科、あるいは皮膚科で相談されてもいいでしょう。さらに、日頃できるいくつかの下肢静脈瘤対策も参考にしていただければと思います。

 

下肢静脈瘤とは

 

足の血管がコブになる病気、それが下肢静脈瘤。 下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)は足の血管の病気です。 下肢とは足のことで、静脈瘤は血管(静脈)が文字どおりコブ(瘤)のようにふくらんだ状態のことをいいます。 下肢静脈瘤は良性の病気ですので急に悪化したり命にかかわることはありませんので安心してください。

 

 

下肢静脈瘤について

 

 

下肢静脈瘤の予防に大切なこと、まず1つ目が、適度な歩行運動です。家の中で座って過ごす時間が長くなると当然運動量が減り、運動量が減れば血液の流れにも影響が出て、特に下肢の血流が悪化しやすくなります。

 

 

また、1日中立ったまま仕事をされている方、逆に座った状態で細かい作業をされている方なども、気付かないうちに下肢静脈瘤になりやすい環境を作ってしまうことになります。歩くことで血液が身体の隅々まで行き渡り、下から上への血液の戻りが良くなれば、下肢静脈瘤予防にもなるでしょう。

 

適度な歩行運動の代わりに

 

 

そして2つ目に、適度な歩行運動の代わりになる家の中でもできる運動をご提案したいと思います。青森の冬は雪が降り、外での歩行運動は難しいでしょうが、家の中でも下肢静脈瘤対策になる運動があります。

 

 

それは貧乏ゆすりであり、さらに貧乏ゆすりの動きを取り入れたあしふみ健幸ライフという座って利用できる器具です。長い冬、家の中でテレビを見ながら、読書をしながらのながら運動を続けていただければ、下肢静脈瘤の予防・改善になると思います。

 

 

身体を冷やさない

 

 

3つ目は、特に青森などの冬の寒さの厳しい地域にお住いの方に知っていただきたいことであり、身体の水分不足が血流悪化を招き下肢静脈瘤ができやすくなるということです。

 

寒さから水分の摂取を控えてしまうと、血液がドロドロになりやすく、こまめに水分補給をすることで血液の流れが良くなれば下肢静脈瘤対策になると思います。

 

身体が冷えると新陳代謝も悪くなる

 

身体が冷えると血行不良が増長され、ますます新陳代謝が低下する原因になります。

 

これを避けるためには、とにかく身体を冷やさない工夫が大切で、お手軽に行える方法としておすすめなのは、お風呂でゆっくりと身体を温めるということです。

 

なお、お湯の温度は42~43℃、15分を目安にゆっくりお湯に浸かりましょう。

メルマガ会員募集中!
お得な情報などをお届けいたします。この機会にぜひご登録ください!

ご登録はこちら