新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2020.10.13下肢静脈瘤

広島の方が行う「下肢静脈瘤対策」について

広島の方が行う「下肢静脈瘤対策」について

 

下肢静脈瘤を疑いながらも、そのうち治るだろうとか、見た目が悪いだけで何の症状もないので大丈夫だろうと安易に考えている方が広島にもいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

下肢静脈瘤は、命の危険はないとか良性の疾患と言われていることもあって、慌てて治療を受けようとは思わない方も多いようです。

 

 

しかも、比較的多くの方が経験する症状だということも、安易に考えてしまう原因なのかもしれません。

 

 

ただ、場合によっては手術を受けなければならないほど悪化することもありますので、今はまったく下肢静脈瘤の気配のない方も、ちょっと下肢静脈瘤が気になる方も、早いうちに手を打っておくことをおすすめいたします。

 

下肢静脈瘤対策

 

 

たとえば、下肢静脈瘤対策として長い時間同じ姿勢で過ごすことがないように心がけてはいかがでしょうか。

 

 

長時間の同じ姿勢は血液の流れを悪くして、コリや筋肉痛や頭痛の原因になりますが、下肢静脈瘤も血液の流れの悪化で起こることが多く、まずは血液の流れの悪化を防ぐために、意識して長時間の同じ姿勢を避けることが大切です。

 

 

 

足ふみ運動が救ってくれる?

 

 

特に、座りすぎはふくらはぎのポンプ機能を鈍らせてしまい、血液の上半身への戻りを妨げます。

 

 

そのため、座って行う仕事に従事している方に下肢静脈瘤が起こることも多いようです。おそらく、下肢静脈瘤でお困りの方の中にも、長時間車を運転するなどの仕事をされている方は多いのではないでしょうか。

 

 

さらに、家の中で座って過ごすことが多い年齢層の方が下肢静脈瘤に悩むことも多いようで、まずは座り過ぎをやめて、歩いたり足を動かすような運動を続けることをおすすめいたします。

 

運動は座ってできる

 

運動は座ってできる

 

運動は特別に激しい運動をする必要はなく、たとえば足ふみ運動を行うだけで下肢静脈瘤の予防効果はあるでしょう。

 

 

同じ座るにしても床に座って足を動かさずにいるよりは、椅子に座って足ふみをするだけでふくらはぎの刺激になり、下肢静脈瘤対策になるはずです。

 

 

下肢静脈瘤が気になる方、自分でできる下肢静脈瘤対策をお探しの方に、運動不足解消にもなる足ふみをおすすめいたします。

 

あしふみ健幸ライフは、座ったままで歩行運動ができる
画期的な健康器具です。
お年寄りへのプレゼントにもおすすめです。

あしふみ健幸ライフの詳細はこちら

メルマガ会員募集中!
お得な情報などをお届けいたします。この機会にぜひご登録ください!

ご登録はこちら