新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2020.10.13下肢静脈瘤

広島で下肢静脈瘤の治療をお考えなら自宅でできるあしふみ運動

広島で下肢静脈瘤の治療をお考えなら

 

 

下肢静脈瘤ができてしまったふくらはぎに驚いて、何とか治療できないかとお悩みの方が広島にもたくさんいると思います。

 

 

下肢静脈瘤を経験したことのある方は大変多く、下肢静脈瘤を悪化させないために弾性ストッキングが欠かせないという方や、すでに治療のために病院に通院しているという方もいるでしょう。中には、下肢静脈瘤を治療するには手術しかないと聞かされて、驚いている方もいるかもしれません。

 

 

ただし、下肢静脈瘤を治療しようと思うのは、かなり下肢静脈瘤が悪化して、痛みに我慢できなくなったとか、見た目がよほどひどい状態になったためであり、下肢静脈瘤の初期症状の頃に自分でできる対策を実行する方は少ないようです。

 

 

対策と治療

 

 

おそらく、日頃から自分でできる下肢静脈瘤対策を行ってさえいれば、わざわざ病院で治療を受けたり、治療のための手術を受けることで悩むこともなかったかもしれません。

 

 

では、自分でできる下肢静脈瘤対策にはどんな方法があるかと言えば、足ふみ運動などもその一つでしょう。足ふみは両方の足を使い足底に刺激を与えるだけでなく、ふくらはぎを動かし、膝や股関節も使います。

 

 

その場に立った状態で足ふみをすることもあれば、座ったままでも足を動かすことのできる運動です。その運動が下肢静脈瘤の予防・改善にも役立つと思われます。

 

足ふみ運動で血流を良くする

 

足を動かせば血液の流れも良くなり、血液が溜まりにくくなるため下肢静脈瘤もできにくくなります。すでに下肢静脈瘤ができて治療が必要と思われる方にも効果があるでしょう。

 

 

命に関わることは少ないと言われている下肢静脈瘤ですが、さまざまな不都合もありますので、手術で治療するという事態にならないように、日頃から歩行運動や足ふみ運動を心がけていただきたいと思います。

 

 

どんな病気でも治療の前にまずは予防と言われますが、たとえ治療が必要になった状態でも、治療後の健康維持のための運動は大切です。

そして、簡単に足ふみ運動ができるあしふみ健幸ライフご利用いただければと思います。

 

 

あしふみ健幸ライフは、座ったままで歩行運動ができる
画期的な健康器具です。
お年寄りへのプレゼントにもおすすめです。

あしふみ健幸ライフの詳細はこちら

メルマガ会員募集中!
お得な情報などをお届けいたします。この機会にぜひご登録ください!

ご登録はこちら