新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2020.10.13下肢静脈瘤

宮崎県在住で下肢静脈瘤で悩んでいる方

宮崎県在住で下肢静脈瘤で悩んでいる方

 

 

宮崎県在住で、最近下肢静脈瘤を気にするようになったという方がいらっしゃるのではないでしょうか。実は、ご家族が数年前に下肢静脈瘤の手術を受けて、自分にもそんな時が来るのではと思い始めている方もいるようです。

 

 

実際、40代の頃からふくらはぎが気になり始めて、ようやく60歳を迎えた頃に下肢静脈瘤を放っておけなくなり手術をしたという方のお話を聞いたことがあります。

 

下肢静脈瘤と関わりのある症状

 

その間約20年経過したわけですが、下肢静脈瘤の初期の頃は足が疲れやすいとかだるいとかいった程度で、まさかそれが下肢静脈瘤と関わりのある症状だとは気付かなかったようです。

 

 

ただ、次第にこむら返りを起こしやすくなり、むくみが出てピリピリと痛みを感じることもあったようです。その後、ふくらはぎに触れるとボコボコした感触があり、血管が浮き出てかゆみや発疹が現れるようになったそうです。

 

 

ふくらはぎの血流悪化を防ぐなら

 

そこまでの症状となれば、さすがに病院で治療を受けることを考えるのでしょうが、実は気になり始めた時に打つ手もあったはずです。つまり、自分でできる下肢静脈瘤対策です。

 

 

下肢静脈瘤ができる原因は、ふくらはぎのポンプ機能が衰え、心臓に戻るはずの血液をスムーズに押し出せなくなってしまい、そこに血液が留まってしまうために瘤のような状態になってしまったものです。

 

 

つまり、ポンプ機能を回復させるような運動を行うことで、下肢静脈瘤を防ぎ、すでに下肢静脈瘤ができていたとしても悪化させずに改善に向けての効果があると思います。その打つ手として、たとえばつま先立ちや貧乏ゆすり、そして足ふみなどをお試しいただければと思います。

 

あしふみ運動で血流を良くする

 

足ふみを座ったまま行うだけでも、ふくらはぎの血流悪化を防ぐ効果がありますので、日頃から下肢静脈瘤対策として椅子に座って足ふみを行ってはいかがでしょうか。

 

 

そして、宮崎で下肢静脈瘤を気にし始めたという方にぜひご紹介したいのが、あしふみ健幸ライフという足ふみ健康器具です。

 

 

無意識に貧乏ゆすりの動作ができる健康器具

 

 

使い方も簡単で、健康器具に足を乗せるだけで貧乏ゆすりのような動きになじんで、無意識に貧乏ゆすりを行っているかのような心地よい振動が伝わり、ご好評をいただいております。

 

 

あしふみ健幸ライフは、座ったままで歩行運動ができる
画期的な健康器具です。
お年寄りへのプレゼントにもおすすめです。

あしふみ健幸ライフの詳細はこちら

メルマガ会員募集中!
お得な情報などをお届けいたします。この機会にぜひご登録ください!

ご登録はこちら