新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2020.10.13下肢静脈瘤

長崎の方で下肢静脈瘤にお困りのへ

長崎の方で下肢静脈瘤にお困りのへ

 

 

 

いくつになっても健康でありたいと思いますが、老化は日一日と忍び寄り、座ったまま過ごす時間が長くなっていくのではないでしょうか。高齢化が進み、すでに高齢化率が30%を超えているようですが、座りすぎが一層老化を加速させてしまいます。

 

 

そして、下半身の筋力が衰えれば、下肢静脈瘤のような血流の悪化から起こる症状が出るでしょう。

 

下肢静脈瘤はふくらはぎの疾患ではあっても、その影響は下半身だけに留まりません。下肢静脈瘤は、血液の心臓への戻りを妨げ、酸素や栄養が全身に届きにくくなり、脳の機能も低下して認知症になる可能性も増すでしょう。

 

 

下肢静脈瘤や認知症などを予防するには

 

 

下肢静脈瘤や認知症などを予防するためには、座りすぎを改める必要があるわけが、全国どの自治体でも健康寿命を延ばすための対策に苦心しているようです。

 

 

たとえば、長崎は市街地でも坂の多い街で、外出すればどこかで坂を上ったり、階段の上り下りが必要になる場所も多く、一日数千歩歩くことは、かなり厳しいことではないでしょうか。

 

 

しかも、下肢静脈瘤はくもの巣状や網目状の血管が浮き出たように見えるのが特徴ですが、疲れやすくだるいといったこともあり、下肢静脈瘤のために外出を控えて歩くことも減ってしまうかもしれません。

 

 

 

歩行運動の代わりになる運動に座位歩行器

 

 

そうなれば、ますます座ったまま過ごす時間が増えてしまい、下肢静脈瘤にならないために歩行運動をすすめられても、なかなか実行することはできません。

 

 

そこで、歩行運動の代わりになるような運動を見つけて、下半身の筋力低下を防ぎ、下肢静脈瘤にならないように予防していただければと思います。もちろん、予防だけでなくすでに下肢静脈瘤になっている方でも、続けることで症状が改善していくはずです。そして、その運動が貧乏ゆすりです。

 

 

貧乏ゆすりは、ふくらはぎのポンプ機能の改善に適した運動であり、下肢静脈瘤の改善のほか、冷え性改善や免疫力の増進も期待できます。

 

 

毎日ニコニコ9,000歩といったチャレンジや、健康長寿日本一県民会議などの活動も行われているようですが、簡単にできる運動を毎日取り入れて、座りすぎを防いでいただければと思います。

 

 

無意識に貧乏ゆすりの動作ができる健康器具

 

 

 

使い方も簡単で、器具に足を乗せるだけで貧乏ゆすりのような動きになじんで、無意識に貧乏ゆすりを行っているかのような心地よい振動が伝わり、ご好評をいただいております。

 

 

股関節の柔軟性や可動域を維持するための器具はさまざまな種類がありますが、木のぬくもりを肌で感じることのできる簡単に貧乏ゆすり運動ができる健康器具があれば、高齢者の方たちにも安心してお使いいただけ、股関節の痛みも軽減されると思います。

あしふみ健幸ライフは、座ったままで歩行運動ができる
画期的な健康器具です。
お年寄りへのプレゼントにもおすすめです。

あしふみ健幸ライフの詳細はこちら

メルマガ会員募集中!
お得な情報などをお届けいたします。この機会にぜひご登録ください!

ご登録はこちら