新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2020.10.13下肢静脈瘤

下肢静脈瘤の体験談

下肢静脈瘤の体験談から学ぶこと

 

 

下肢静脈瘤の辛さや改善したという体験談を、予防や治療の参考にしたいものです。実は、下肢静脈瘤は加齢が原因となって発症するケースが多いわけですが、年齢以外にも下肢静脈瘤を発症しやすい要因はあるようです。

 

たとえば30歳代の方の体験談などを目にすることもあり、ふくらはぎの皮膚の色が変色して、固くなっていることに気付いて皮膚科を受診したという体験談など、最初は血管に問題があるとは気付かないことも多いようです。

 

下肢静脈瘤は血管と足の違和感に注意

 

下肢静脈瘤は、必ずしも血管が浮き出て気付くとは限らず、皮膚の変色などにも注意したいものです。また、就寝中に足がつることが多く、しびれたり熱を感じる状態が何年も続くこともあります。

 

特に立ち続けて行う作業に携わっていると、ふくらはぎのポンプ機能がうまく働かずに、静脈の血液の流れが滞った状態になりやすく下肢静脈瘤になることがあります。

 

 

下肢静脈瘤の体験談

 

さらに出産と下肢静脈瘤に密接な関係があることがわかるような体験談も多くあります。妊娠中は血液の量が増えることから下肢静脈瘤になりやすいと言われています。

 

 

さらに、お腹の中の赤ちゃんの重みで骨盤が圧迫されて、足の静脈からの血液の戻りが鈍くなってしまうからでしょう。

 

 

妊娠中は足がむくむのは当たり前だと思って気にしていなかったという体験談もありますが、放っていたために下肢静脈瘤の手術が必要になったというケースもありますので注意が必要です。その中には、下肢静脈瘤を克服した体験談もたくさんあります。

 

 

特に参考になる下肢静脈瘤の体験談としては、ふくらはぎの筋力や柔軟性を維持するために運動が欠かせないといったものです。

 

ジグリング運動とは

 

 

ジグリングとは股関節と膝関節を自分で小刻みに動かす方法で、意識すれば止めることができる自動運動、随意運動に分類されます。

 

 

実は、膝痛改善には、膝に振動を与えるジグリング運動が有効とされ、その運動こそが貧乏ゆすりの動きに等しいわけです。貧乏ゆすりは、膝や股関節などの軟骨再生を促し、さらに下肢の血流を改善してふくらはぎの下肢静脈瘤の改善にも役立ちます。

 

ジグリング運動

 

そして、その運動には貧乏ゆすりのようなジグリング運動が適しているようです。ジグリング運動は、足を小刻みに動かす運動ですが、あしふみ健幸ライフを使えば誰でも簡単に下肢静脈瘤の予防運動ができます。

実際にご利用いただいた方の体験談には足が軽くなったとか、血行が良くなっているのがわかるといった声が寄せられています。

 

 

あしふみ健幸ライフは、座ったままで歩行運動ができる
画期的な健康器具です。
お年寄りへのプレゼントにもおすすめです。

あしふみ健幸ライフの詳細はこちら

メルマガ会員募集中!
お得な情報などをお届けいたします。この機会にぜひご登録ください!

ご登録はこちら