新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2020.10.13下肢静脈瘤

下肢静脈瘤が気になる大分の方へ

下肢静脈瘤が気になる大分の方へ

 

 

 

たとえ80歳になっても90歳になっても、自分の足でしっかり歩きたいと誰もが思っているはずです。ただ、股関節に痛みが出たり、膝痛や下肢静脈瘤の心配があれば、常に用心して外出もままならないということもあるでしょう。

 

 

大分で暮らしていれば、日本一の湧出量を誇る温泉の恩恵を受けるのも当たり前のことかもしれませんが、下肢に痛みなどがあれば外出を控えて、じっと座って過ごす時間が長くなってしまうかもしれません。

 

 

温泉は泉質によって効能も違うのでしょうが、泉質も豊富な温泉であれば、腰痛や股関節痛や膝痛に効果があるとされる温泉も多く、毎日のように利用する方もいることでしょう。

 

 

ただ、下肢静脈瘤は見た目にも特徴があるため、下肢静脈瘤をあまり人目にさらしたくないと思う方もいて、大勢の方が集まる温泉は避けてしまうかもしれません。

 

 

また、下肢静脈瘤は痛みが伴うこともあり、むくみやだるさも下肢静脈瘤の特徴ですので、歩くのが辛いという方も多いと思います。そうなれば、せっかくの温泉三昧の暮らしというわけにもいきません。特に、石畳の坂を歩いて訪れる温泉などは敬遠してしまうかもしれません。

 

 

 

下肢静脈瘤を防ぐ手段として貧乏ゆすり

 

 

そこで、下肢静脈瘤を自分で治したい、あるいは下肢静脈瘤を防ぐ手段としてお試しいただきたいのが、貧乏ゆすりの動きを効果的に取り入れた健康器具です。これまでにも無料体験会などで大勢の方にお試しいただいております。

 

 

健康長寿のためには歩くことが一番と言われていますが、すでに股関節痛や膝痛、そして下肢静脈瘤があれば歩くことは困難であり、もっと楽に歩くのと同じ効果のある運動ができればと考えられた健康器具です。

 

 

貧乏ゆすりは、下肢静脈瘤のような下肢の血行不良による症状を改善するわけですが、下肢静脈瘤のほかにも冷え性改善やエコノミー症候群の解消にも役立ちます。

 

貧乏ゆすりが脳に良い刺激を

 

貧乏ゆすりをすることが脳への刺激にもなり、ストレス解消や認知症予防にもなりますので、多くの方に貧乏ゆすりを行っていただきたいと思います。

 

ただ、貧乏ゆすりは無意識に行っている方にとっては、たわいない簡単な動きかもしれませんが、意外に意識的に行おうとすると難しいものです。

 

また、貧乏ゆすりのような小刻みな振動はセロトニンの分泌を促す効果があり、このセロトニンには精神を安定させる効果があるようです。

 

そのため、貧乏ゆすりに似た動きを取り入れた体操でリラックスできたり、音楽に合わせて足を動かすといった行動がストレス解消になるようです。

 

 

そして、この健康器具は肌触りもよく、電気を使わないシンプルな作りで、高齢の方でも座ったままで気軽にご利用いただくことができますので、ご家庭に1台、あるいは温泉施設の休憩所などにも置いていただければと思います。

 

無理のない運動ができる運動器具

 

できればウォーキングなどの有酸素運動が望ましいのですが、それが難しい場合には、運動器具を使用する方法がおすすめです。
たとえば「あしふみ健幸ライフ」では、椅子に腰かけた状態で運動できる健康器具を販売しています。

 

この健康器具なら、運動が苦手な方でも難なく運動できる設計になっていますので、三日坊主にならずに続けることができるはずですよ。

 

この健康器具は、「健康維持に有効な運動」という医師のお墨付きも得ている製品ですので、その信頼性は高いと捉えて間違いないでしょう。

 

あしふみ健幸ライフは、座ったままで歩行運動ができる
画期的な健康器具です。
お年寄りへのプレゼントにもおすすめです。

あしふみ健幸ライフの詳細はこちら

メルマガ会員募集中!
お得な情報などをお届けいたします。この機会にぜひご登録ください!

ご登録はこちら