新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2020.10.13下肢静脈瘤

佐賀県で下肢静脈瘤にお困りの方へ

佐賀県で下肢静脈瘤にお困りの方へ

 

 

高齢化率の全国平均値と似た状況にあるのが佐賀県ですが、20年後には全国平均同様に40%以上の方が高齢者ということになるかもしれません。ただ、たとえ高齢化が進んでも健康で元気に過ごすことができればいいだけのことで、おすすめしたい健康法があります。

 

「あしふみ健幸ライフ」が提供する健康器具をご紹介しますが、この健康器具室内で椅子やソファに腰掛けたまま運動できるスグレモノです。方法は決して難しいものではなく、健康器具に両足を乗せて足踏みするだけで、自動的に足の筋肉を鍛えることができます。

 

 

健康で長生きするには、ちょっとした痛みも見逃さずに早めに手を打ち、予防のために座りすぎの生活は改める必要があるでしょう。

 

特に、座りすぎが下肢に与える影響は大きく、血行不良が起こり下肢静脈瘤ができてしまう場合もありますので、健康長寿のために自分でできることを探して、ぜひ早めに取り組んでほしいものです。

 

 

おそらく、大きな病気の心配はなくても、腰が痛いとか膝が痛いといった悩みを抱えている方は多いはずです。ただ、そんな症状も放ったままでは大事になる場合もあり、下肢静脈瘤で手術が必要と言われて、初めてあの時の足の痛みやしびれに手を打っておけば良かったと思うかもしれません。

 

 

 

日頃から座りすぎに注意

 

 

下肢静脈瘤はふくらはぎの静脈の血流が悪くなり、詰まって瘤のように膨らんでしまうものです。そして、下肢静脈瘤は網目のような血管が浮き出て、色素沈着が起こり気付くかもしれませんが、おそらく下肢静脈瘤の症状はもっと早くからあったのでしょう。

 

 

たとえば、足のむくみやだるさも下肢静脈瘤の症状ですし、頻繁にこむら返りが起こる場合も下肢静脈瘤の可能性があります。ただ、日頃から座りすぎに注意していれば、下肢静脈瘤を防ぐことができたかもしれません。そして座りすぎによる悪影響を回避できるのが貧乏ゆすりです。

 

貧乏ゆすりは、足の指先を起点に細かい振動を起こし、その振動は踵からふくらはぎ、そして太ももまで伝わって行くわけですが、さらに股関節にも貧乏ゆすりの振動が届いて、マッサージのような効果があると言われています。

 

 

また、実際に貧乏ゆすりをしてみると体全体がゆれ、適度な運動としては良いとされています。

 

 

貧乏ゆすりは、下肢静脈瘤のほかにも股関節痛の改善、冷え性解消や免疫力のアップなどが期待できる動きです。そして、貧乏ゆすりと同じような効果が期待できる健康器具があしふみ健幸ライフです。

 

 

あしふみ健幸ライフは、デイサービスや公民館などでたくさんの方にお試しいただいてきましたが、佐賀との県境に位置する大川市の体験会でも大好評でした。

 

高齢者の方にも、ぜひ下肢静脈瘤対策などにお使いいただければと思います。

あしふみ健幸ライフは、座ったままで歩行運動ができる
画期的な健康器具です。
お年寄りへのプレゼントにもおすすめです。

あしふみ健幸ライフの詳細はこちら

メルマガ会員募集中!
お得な情報などをお届けいたします。この機会にぜひご登録ください!

ご登録はこちら