新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2020.09.08貧乏ゆすり

貧乏ゆすりで治療

貧乏ゆすりで治療

 

貧乏ゆすりが足のむくみを簡単に治療できると評判な事をご存知ですか?

 

杖なしでは歩けないといった方の多くは、下肢に問題があることが多いわけですが、治療もせずに我慢し続けている方も多いようです。

 

また、病院で治療を受けたものの、手術するしかないと言われて躊躇することもあるでしょう。

 

貧乏ゆすりは人本来の動き

 

貧乏ゆすりは、単に足が無意識のうちに小刻みに動いてしまう癖のようなものかもしれませんが、意外に貧乏ゆすりには治療に匹敵する効果があり、その1つが下肢の血流悪化の治療です。

 

心臓から送り出された血液は動脈を通って身体中に行き届き、静脈を通って心臓に戻されます。

 

ところが下肢は心臓よりも低い場所ということもあり、心臓に血液を戻そうとするふくらはぎの弁機能がうまく働かなくなると血液が逆流してしまい、さまざまな症状が現れてきます。

 

貧乏ゆすりで筋力トレーニング

 

下肢静脈瘤の症状に対し、貧乏ゆすりを行うことでふくらはぎに筋力が付き、筋力が付けば弁機能も予防することができますので、自分でできる下肢静脈瘤の治療法ということになります。

 

また、杖なしでは歩けないのは膝や股関節の痛みが原因になっていることが多く、その痛みの治療にも貧乏ゆすりが適しています。

 

 

貧乏ゆすりには軟骨がすり減る予防にも

 

おそらく、膝痛や股関節痛の治療のために病院で診察を受けると、関節の軟骨がすり減っていることが原因だと言われ、やはり手術をすすめられることも多いでしょう。

 

ただ、貧乏ゆすりには軟骨再生の効果もあるので、手術を受ける前に貧乏ゆすりを試してみてはいかがでしょうか。

 

貧乏ゆすりを続けることで、弱くなった足腰を少しでも強くすることが可能かと思います。

 

なぜ、貧乏ゆすりが良いのか

 

貧乏ゆすりは、身体が無意識に行う動作でもあり、身体の準備運動でもあります。貧乏ゆすりを無意識に行った時は、身体が下肢のうっ血状態を察し、それを解消するために貧乏ゆすりという形で反射的に足を動かしていると言えます。

 

これから貧乏ゆすりを常にすることで、足やふくらはぎの倦怠感を取り除くことができると考えられます。

 

そのほかにも年齢とともに心配になる疾患や痛みなどが、治療を必要とするほどの状態になる前に、生活の中に貧乏ゆすりを取り入れることで予防できると思います。

 

貧乏ゆすりは今すぐにできる健康法

 

治療のためとはいえ、痛みを抱えている方にとっては病院に行くこと自体が辛い場合もあり、自宅で自分でできる治療法があれば楽なのにと思うことも多いと思います。

 

自分でできる治療として貧乏ゆすりをぜひお試しいただきたいと思います。

あしふみ健幸ライフは、座ったままで歩行運動ができる
画期的な健康器具です。
お年寄りへのプレゼントにもおすすめです。

あしふみ健幸ライフの詳細はこちら

メルマガ会員募集中!
お得な情報などをお届けいたします。この機会にぜひご登録ください!

ご登録はこちら