新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2020.09.08貧乏ゆすり

貧乏ゆすりは最新の健康法

貧乏ゆすりは最新の健康法

 

最近、貧乏ゆすりが手軽な健康法として雑誌などで紹介されることも増えて、興味をお持ちの方も多いようです。

 

もちろん、休日にジョギングをしたり、仕事が終わってからスポーツジムに通うなど、自分に合った健康法を取り入れている方もたくさんいるとは思いますが、せっかく始めた健康法も、時間が取れずに思うほど実践できていないという方も多いのではないでしょうか。

 

貧乏ゆすりはすぐに試せる健康法

 

そこで、わざわざ健康法を実践するための時間を確保する必要もなく、身支度を整える必要もなくできる健康法として、貧乏ゆすりを試してみてはいかがでしょうか。

 

貧乏ゆすりを続けることで下肢静脈瘤が改善したというケースもあります。

 

飛行機など長い時間乗り物に乗った時は、貧乏ゆすりをすることがエコノミー症候群の予防になるということをご存じの方も多いことでしょう。

 

また、貧乏ゆすりは限られたスペースや時間ですぐに実践できる為、非常に多くの方に健康法として活用されています。

 

人本来の動きを再現した貧乏ゆすりマシンも多く発売されています。

 

貧乏ゆすりの振動は身体全体に

 

貧乏ゆすりは、足の小刻みな動きがふくらはぎや太ももなどに伝わり、下肢の血流を改善することができるので、血行不良が原因となって起こる下肢静脈瘤やエコノミー症候群の改善に適した健康法と言えるわけです。

 

そして、ふくらはぎの筋肉運動は体温を上げる効果があり、夏でも手足の先端が冷えるという方の健康法として、さらに免疫力を高める効果もあるので、風邪を引きやすい方に最適な健康法でもあります。

 

また、貧乏ゆすりの振動は脳神経にまで良い影響を及ぼし、認知症予防に貧乏ゆすりを取り入れることもあります。

 

貧乏ゆすりは無意識に行う運動でもある

 

ただ、普段貧乏ゆすりが癖になっている方も、健康法などと大げさに考えているわけではなく、無意識のうちに行っているのでしょうが、たとえ無意識でも身体が貧乏ゆすりのような動きを求めているのかもしれません。

 

たとえば、緊張した時に貧乏ゆすりをすると緊張が解けることがあると思います。

 

イライラした時に貧乏ゆすりをして気持ちが落ち着くこともあるでしょう。

 

貧乏ゆすりはストレス発散にもなる

 

おそらく、貧乏ゆすりを無意識にするという行為はストレス発散にもなり、心の健康法とも言えると思います。

 

心の健康法をうまく利用することは、うつ病や不眠症やストレス障害を防ぐことにもなります。

 

心と身体の健康法として、貧乏ゆすりをおすすめしたいと思います。

 

貧乏ゆすりは高齢者でもすぐにできる

 

限られたスペース、時間ですぐに実践できる貧乏ゆすりは高齢者施設やリハビリにも多く取り入れられています。

 

その証拠に高齢者施設や老人ホームに行くと、貧乏ゆすりに近い健康器具が必ず置かれています。

 

貧乏ゆすりは人本来の動きを再現した今すぐにできる健康といえるでしょう!

 

貧乏ゆすりとは

 

貧乏ゆすりとは、座っている時などに、下半身の鬱血などが原因で身体の一部を揺らし続けることを指します。

 

大抵の人は無意識に行っている身体の動作で、体中の血の巡りを良くしているとされています。

 

では次に貧乏ゆすりのメリットをご紹介します。

 

貧乏ゆすりのメリット

 

貧乏ゆすりは、身体が無意識に行う動作でもあり、身体の準備運動でもあります。

 

貧乏ゆすりを無意識に行った時は、身体が下肢のうっ血状態を察し、それを解消するために貧乏ゆすりという形で反射的に足を動かしていると言えます。

 

身体の以上を脳が判断して無意識に膝から下を動かしているのですね。これが貧乏ゆすりのメリットではないでしょうか。

 

老若男女問わず貧乏ゆすりはすぐに実践できる動きでもありますので、ぜひこの機会に貧乏ゆすりをやってみてはいかがでしょうか。

あしふみ健幸ライフは、座ったままで歩行運動ができる
画期的な健康器具です。
お年寄りへのプレゼントにもおすすめです。

あしふみ健幸ライフの詳細はこちら

メルマガ会員募集中!
お得な情報などをお届けいたします。この機会にぜひご登録ください!

ご登録はこちら