新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2020.09.08ふくらはぎ

ふくらはぎ 貧乏ゆすり

貧乏ゆすりとは

 

貧乏ゆすりとは、座っている時などに、下半身の鬱血などが原因で身体の一部を揺らし続けることを指します。

 

大抵の人は無意識に行っている身体の動作で、体中の血の巡りを良くしているとされています。

 

ふくらはぎの疲れを貧乏ゆすりでリフレッシュ

 

貧乏ゆすりは足の先やふくらはぎを震わせているわけですが、多くの場合は無意識に行っているのでしょう。

 

そのため、貧乏ゆすりをしていても、周りから指摘されなければ気付かないこともあるはずです。

 

ただ、周りからの指摘を受ける時は、ほとんどの場合貧乏ゆすりをやめてほしいといった指摘だと思いますので、貧乏ゆすりは迷惑な行為と思っている方が多いと思います。

 

貧乏ゆすりの評価も時代と共に変化

 

ところが、最近は貧乏ゆすりへの評価も変わり、特にふくらはぎに良い影響を与える効果があると言われるようになりました。

 

たとえば疲れている時は、ふくらはぎがだるく感じられることも多く、手でふくらはぎを揉むといくらかは楽になることがありますが、手でふくらはぎを揉む代わりに、貧乏ゆすりを無意識に行っている場合もあるでしょう。

 

また、歩き疲れた時や立っている時間が長くなると、ふくらはぎがむくんでくることもあります。

 

ふくらはぎの機能の衰えをカバー貧乏ゆすり

 

元々、身体の下肢に流れた血液は、重力に逆らって静脈を通って心臓に戻るわけですが、ふくらはぎの筋肉がポンプの役目をして、心臓に戻る手助けをしています。

 

ところが疲労が重なるとポンプの機能が衰えてしまい、いつまでもふくらはぎ の静脈に血液が溜まってしまうわけです。

 

ふくらはぎがむくんでくることもあれば、下肢静脈瘤ができることも

 

そんなふくらはぎの機能の衰えをカバーできるのが貧乏ゆすりなのです。

 

貧乏ゆすりの振動がふくらはぎ の筋肉のマッサージにもなり、さらに静脈の血流を改善する効果もあるというわけです。

 

無意識に貧乏ゆすりをするということは、身体が下肢の血流の悪さを察知して、反射的に貧乏ゆすりをするとも言われているように、決して迷惑で行儀の悪い行為とは言えないのではないでしょうか。

 

ただ、仕事中など多くの人がいる場所で、貧乏ゆすりは遠慮せざるを得ないのかもしれませんが、貧乏ゆすりの代わりとなる足踏み運動器具あしふみ健幸ライフであれば、仕事場の机の下に置いて気兼ねなく活用できるのではないでしょうか。

 

貧乏ゆすりの動きを取り入れた健康器具

 

そして、そういった貧乏ゆすりのメリットを取り入れて、気軽に貧乏ゆすりの代わりになる運動ができる健康器具として、あしふみ健幸ライフをご紹介したいと思います。

 

椅子に座ったままやソファーに座ったままで利用できるあしふみ健康ライフは現在、高齢者やウォーキングやランニングがすぐにできない方に非常に人気となっています。

 

また、老人ホームや介護施設のリハビリとして活用されていることもあり、今後も多くの方に利用されることになります。

 

またあしふみ健康ライフは電気を使わない健康器具なので、安心して利用することもメリットではないでしょうか。

あしふみ健幸ライフは、座ったままで歩行運動ができる
画期的な健康器具です。
お年寄りへのプレゼントにもおすすめです。

あしふみ健幸ライフの詳細はこちら

メルマガ会員募集中!
お得な情報などをお届けいたします。この機会にぜひご登録ください!

ご登録はこちら