新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2020.09.08貧乏ゆすり

うつ病に貧乏ゆすり

うつ病とは

 

うつ病とは、気分の落ち込みや喜び・興味の減退などの症状が長い間持続し、日常生活にも支障をきたすようになった状態を指します。

 

貧乏ゆすりとは

 

貧乏ゆすりとは、座っている時などに、下半身の鬱血などが原因で身体の一部を揺らし続けることを指します。

 

大抵の人は無意識に行っている身体の動作で、体中の血の巡りを良くしているとされています。

 

うつ病予防に貧乏ゆすり運動

 

日本人はうつ病になりやすいと言われていますが、うつ病のために心療内科に通ったり、仕事を休職することになった方もいることでしょう。

 

うつ病は身体を動かすことで、予防できることもあり、ウォーキングやランニングが苦手な方はまず、貧乏ゆすりをしてみてはいかがでしょうか。

 

貧乏ゆすりであれば限られたスペースや限られた時間ですぐに実践することができる為、まずはうつ病予防の一環として考えることもできます。

 

企業で行う貧乏ゆすり運動

 

 

企業では、従業員がうつ病になっては一大事ということで、メンタルヘルスケアなどうつ病対策を行っているケースも多いようですが、その対策の一つとして貧乏ゆすり運動を取り入れている企業もあるようです。

 

うつ病予防はセロトニン不足を改善することが大切

 

うつ病の発症に影響を与えていると思われるセロトニン不足を改善する必要もあるようです。

 

セロトニンとは、脳内で働く神経伝達物質のひとつで、感情や気分のコントロール、精神の安定に深く関わっています。

 

セロトニンは、感情や気分をコントロールする物質ですが、貧乏ゆすりのような小刻みな動きによる振動が身体中に伝わることで、分泌を促すことができます。

 

つまり、貧乏ゆすりによってセロトニンの分泌が正常になれば、うつ病改善も期待できると言えるわけです。

 

会議や発表の場で、大勢の人を目の前にして身体が震えることがありますが、その震えは貧乏ゆすりとも取れるでしょう。

 

武者震いという言い方のほうが合っているのかもしれませんが、貧乏ゆすりの動きとよく似ているはずです。

 

いずれも無意識のうちに気持ちを落ち着かせようとする動きでもあり、貧乏ゆすりをすることで脳に良い効果が現れ、緊張状態を解きほぐしてくれます。

 

うつ病予防に貧乏ゆすりの動きが適している

 

あしふみ健康ライフ

 

そういったことを考えると、気持ちを落ち着かせ不安を取り除く手段として、さらにうつ病予防には貧乏ゆすりの動きが適していると思います。

 

そして、仕事場には貧乏ゆすりと同じ運動ができる健康器具としてご用意いただければと思います。

 

机の下に置けば、パソコンなどの作業をしながら貧乏ゆすり運動ができて大変便利です。

 

貧乏ゆすりの動きを取り入れた健康器具

 

健康器具なら毎日続けやすい!

 

そして、そういった貧乏ゆすりのメリットを取り入れて、気軽に貧乏ゆすりの代わりになる運動ができる健康器具として、あしふみ健幸ライフをご紹介したいと思います。

 

椅子に座ったままやソファーに座ったままで利用できるあしふみ健康ライフは現在、高齢者やウォーキングやランニングがすぐにできない方に非常に人気となっています。

 

また、老人ホームや介護施設のリハビリとして活用されていることもあり、今後も多くの方に利用されることになります。

 

またあしふみ健康ライフは電気を使わない健康器具なので、安心して利用することもメリットではないでしょうか。

あしふみ健幸ライフは、座ったままで歩行運動ができる
画期的な健康器具です。
お年寄りへのプレゼントにもおすすめです。

あしふみ健幸ライフの詳細はこちら

メルマガ会員募集中!
お得な情報などをお届けいたします。この機会にぜひご登録ください!

ご登録はこちら