新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2020.09.08貧乏ゆすり

貧乏ゆすりのメリット

貧乏ゆすりとは

 

貧乏ゆすりとは、座っている時などに、下半身の鬱血などが原因で身体の一部を揺らし続けることを指します。

 

大抵の人は無意識に行っている身体の動作で、体中の血の巡りを良くしているとされています。

 

では次に貧乏ゆすりのメリットをご紹介します。

 

貧乏ゆすりのメリット

 

貧乏ゆすりは、身体が無意識に行う動作でもあり、身体の準備運動でもあります。

 

貧乏ゆすりを無意識に行った時は、身体が下肢のうっ血状態を察し、それを解消するために貧乏ゆすりという形で反射的に足を動かしていると言えます。

 

身体の以上を脳が判断して無意識に膝から下を動かしているのですね。これが貧乏ゆすりのメリットではないでしょうか。

 

貧乏ゆすりのメリットを検索

 

ネットで貧乏ゆすりを検索すると、以前は貧乏ゆすりをやめさせるにはどうしたらいいのか、貧乏ゆすりを注意されて悩んでいるといったネガティブな内容の記事が多かったように思いますが、最近はまったく状況が変わってきているようです。

 

つまり、悪いイメージの貧乏ゆすりではなく、メリットについて取り上げられることのほうが多くなっているということです。

 

実際、意外にメリットの多い貧乏ゆすりとか、貧乏ゆすりが身体に与える良い影響といった記事や口コミ情報が増えているようです。

 

貧乏ゆすりのメリットは運動不足や老化を予防

 

私たちの身体には心臓から体中に血液を送り出す動脈と、逆に血液を心臓に戻すための静脈があるわけですが、運動不足や老化や生活習慣により血流が悪くなり、動脈硬化が起こることもあれば、静脈の戻りが悪いなどの症状が現れます。

 

そういった症状を予防し改善するといったメリットが貧乏ゆすりの動きにはあります。

 

貧乏ゆすりのメリットは脳に十分な酸素を供給し血液の増加を図る

 

また、貧乏ゆすりには脳に刺激を与えるというメリットもあります。

 

脳は、大変デリケートで、酸素や血液やさまざまな分泌の影響を受けて、働きが良くもなり悪くもなります。

 

歩くだけで脳が活性化することは以前から言われていることですが、貧乏ゆすりは歩くのと同じように、脳に十分な酸素を供給し血液の増加を図ることができ、さらに精神を安定させる成分を分泌させることができる動きです。

 

そのため、貧乏ゆすりには認知症予防やストレス解消になるというメリットがあると言われています。

 

貧乏ゆすりの動きを取り入れた健康器具

 

そして、そういった貧乏ゆすりのメリットを取り入れて、気軽に貧乏ゆすりの代わりになる運動ができる健康器具として、あしふみ健幸ライフをご紹介したいと思います。

 

椅子に座ったままやソファーに座ったままで利用できるあしふみ健康ライフは現在、高齢者やウォーキングやランニングがすぐにできない方に非常に人気となっています。

 

また、老人ホームや介護施設のリハビリとして活用されていることもあり、今後も多くの方に利用されることになります。

 

またあしふみ健康ライフは電気を使わない健康器具なので、安心して利用することもメリットではないでしょうか。

 

あしふみ健幸ライフは、座ったままで歩行運動ができる
画期的な健康器具です。
お年寄りへのプレゼントにもおすすめです。

あしふみ健幸ライフの詳細はこちら

メルマガ会員募集中!
お得な情報などをお届けいたします。この機会にぜひご登録ください!

ご登録はこちら