新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2020.09.08貧乏ゆすり

貧乏ゆすり デメリット

貧乏ゆすりについて

 

貧乏ゆすりとは、座っている時などに、下半身の鬱血などが原因で身体の一部を揺らし続けることを指します。

 

大抵の人は無意識に行っている身体の動作で、体中の血の巡りを良くしているとされています。

 

ではその貧乏ゆすりについて解説していきます。まず初めに貧乏ゆすりのメリットとは

 

貧乏ゆすりのメリット

 

貧乏ゆすりは、身体が無意識に行う動作でもあり、身体の準備運動でもあります。

 

貧乏ゆすりを無意識に行った時は、身体が下肢のうっ血状態を察し、それを解消するために貧乏ゆすりという形で反射的に足を動かしていると言えます。

 

身体の以上を脳が判断して無意識に膝から下を動かしているのですね。これが貧乏ゆすりのメリットではないでしょうか。

 

貧乏ゆすりのデメリット

 

貧乏ゆすりのデメリットはやはりその見た目ではないでしょうか。

 

落ち着きがない人や周りの人が見て不快に思われることがあるようで、それらが貧乏ゆすりのデメリットではないでしょうか。

 

大人になって仕事中に貧乏ゆすりをすれば、緊張感がないと注意を受けるかもしれません。

 

行儀が悪い、品がない、感じが悪いなどのイメージの悪さから思い浮かぶことがデメリットでしょう。

 

しかし、貧乏ゆすりは身体に大切な動作であり、また運動不足の解消も担っているので、周りに誰もいない場合はデメリットのことを考えなくて良いのではないでしょうか。

 

貧乏ゆすりで解決する座りすぎ

 

座りすぎた生活では、足腰だけでなく身体中に症状が及びます。そして、年を取っても元気に過ごすためには、毎日の運動が大切だということはわかっていることですが、なかなか実行できないのが現実です。

 

せめて毎日5,000歩を目標に歩こう思っても、意外に5,000歩を歩くのは難しいのではないでしょうか。

 

しかも腰痛や膝痛といったデメリットを抱えていれば、歩きたくても歩けません。

 

座りすぎを解消貧乏ゆすりで解消

 

そこで、5,000歩の代わりになる運動ということで貧乏ゆすりが見直されています。

 

座った状態で足を振るわせるような動きで、足の踵やふくらはぎ、そして太ももにまで振動が伝わるほどの運動です。

 

これらを続けることで外に出てウォーキングやランニングをすることなく運動不足を解消することができます。

 

今では健康維持のために貧乏ゆすりが推奨されている

 

貧乏ゆすりは対外的に見れば行儀が悪いや見た目を問題されがちですが、実は身体にいいということが理解されるようになって、今では健康維持のために貧乏ゆすりが推奨されるようになりました。

 

特に老人ホームや高齢者施設に貧乏ゆすりマシンが置かれるようになり、リハビリの一環として取り入れられることが多くなっています。

 

すぐに動くことができない高齢者や運動を続けることができない人に広く利用されています。

 

そういうことから現在では、健康維持の為に貧乏ゆすりの動作ができるマシンや貧乏ゆすり自体が見直し、取り入れられています。

あしふみ健幸ライフは、座ったままで歩行運動ができる
画期的な健康器具です。
お年寄りへのプレゼントにもおすすめです。

あしふみ健幸ライフの詳細はこちら

メルマガ会員募集中!
お得な情報などをお届けいたします。この機会にぜひご登録ください!

ご登録はこちら