新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2020.09.08ふくらはぎ

ふくらはぎの倦怠感を取り除くために

ふくらはぎの倦怠感を取り除くために

 

ふくらはぎに倦怠感を感じることがありますが、その原因はふくらはぎの疲労が関わっているのでしょう。

 

買い物に長い時間を費やして歩き回った時は、夜になってふくらはぎの倦怠感に悩まされることもあるのではないでしょうか。

 

昼間歩き回っている最中は、ふくらはぎに何の異変も感じなかったのに、帰宅してから倦怠感を感じるようになったり、寝ようとして横になった時にふくらはぎの倦怠感で眠れなくなることもあります。

 

普段から山に登ったりジョギングをされている方であれは、ふくらはぎにはある程度の筋肉が付き柔軟性もあるので、ふくらはぎの倦怠感など無縁かもしれませんが、めったに行かないハイキングに参加して後から倦怠感が起こることもあります。

 

また、お子さんの運動会に保護者として参加して、久しぶりに全力で走ったり足に力を入れるような競技に参加すると、その時はどうもなかったとしても、夜になればふくらはぎの倦怠感がひどく、次第に倦怠感が鈍痛に変わることもあり、足を高くしてなんとか眠ることができたといった経験をお持ちの方も多いと思います。

 

ふくらはぎの倦怠感の原因

 

ふくらはぎの倦怠感となる原因として、もっとも多いのが静脈の血行不良です。長時間同じ態勢や運動不足、水分不足がその要因となることが多いでしょう。

 

ふくらはぎのだるさや重さは加齢とともに日々の生活にも影響を与えることがあり、運動をすることで改善することができます。

 

ふくらはぎの倦怠感

 

ふくらはぎの倦怠感は、疲労によって足の血流が悪くなっていることが原因として考えられますので、その血流を改善する必要があります。

 

もちろん、ふくらはぎをもんだり、足を高くするのも効果的だと思いますが、実は貧乏ゆすりをすることで倦怠感がかなり和らぐことがあります。

 

では一体どうやってふくらはぎの倦怠感を取り除くことができるのでしょうか。それは誰でも簡単にできる貧乏ゆすりです。

 

貧乏ゆすりは、足の指先や踵で小刻みな振動を生み、その振動がふくらはぎや太ももに伝わってくるものです。

 

そして、その振動はふくらはぎの静脈のポンプ機能を促すことができ、心臓への血液の戻りを良くしてくれるわけです。

 

血液の流れが良くなれば、自然とふくらはぎのむくみが取れて倦怠感もおさまってくるでしょう。

 

長時間同じ態勢や飛行機の中でもできる

 

また、ふくらはぎの倦怠感は足の疲労が原因になるだけでなく、座り過ぎによって起こる場合もありますので、長時間座って作業する方や良く飛行機に乗られる方もも、休憩時間に貧乏ゆすりをおすすめしたいと思います。

 

なぜ、貧乏ゆすりが良いのか、

 

貧乏ゆすりは、身体が無意識に行う動作でもあり、身体の準備運動でもあります。貧乏ゆすりを無意識に行った時は、身体が下肢のうっ血状態を察し、それを解消するために貧乏ゆすりという形で反射的に足を動かしていると言えます。

 

これから貧乏ゆすりを常にすることで、足やふくらはぎの倦怠感を取り除くことができると考えられます。

 

貧乏ゆすりを意識せず続けることはできるの?

 

貧乏ゆすりはある程度無意識にできますが、意識してずっと続けることは困難です。

 

その貧乏ゆすりの動きを再現したグッズがあしふみ健康ライフになります。足をのせるだけで自然に貧乏ゆすりの動きになり、高齢者でも長時間貧乏ゆすりの動きを生み出すことができます。

 

また、あしふみ健康ライフは電気を使用しないので、身体にも優しい作りとなっています。

 

ぜひこの機会に貧乏ゆすりの動きを再現するあしふみ健康ライフを使ってみてはいかがでしょうか。

あしふみ健幸ライフは、座ったままで歩行運動ができる
画期的な健康器具です。
お年寄りへのプレゼントにもおすすめです。

あしふみ健幸ライフの詳細はこちら

メルマガ会員募集中!
お得な情報などをお届けいたします。この機会にぜひご登録ください!

ご登録はこちら