新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2020.09.08ふくらはぎ

ふくらはぎのボコボコの原因は!?

ふくらはぎのボコボコの原因は!?

 

ふくらはぎのボコボコした感触に驚いたことはないでしょうか。

 

ふくらはぎのボコボコした原因として、痛下肢静脈瘤が考えられます。

 

もちろん他の病状も考えられますが、一番の原因としては、静脈が詰まった状態が考えられます。

 

静脈は心臓から送られてきた血液を再び心臓に戻すための血管ですが、下肢の静脈は下から上に血液を運ばなければならないので、逆流を防ぐために弁が付いています。

 

ところが、その弁の機能が衰えると逆流が起こり静脈が詰まることになります。しかも、静脈は動脈に比べて皮膚近くにあるため、ボコボコと表面に浮き出たように現れるわけです。

 

そういった症状が最も出やすい場所がふくらはぎで、ふくらはぎに血管のボコボコが出た状態を下肢静脈瘤と呼んでいます。

 

また、、血管のボコボコは目立たないものの、皮膚の色が黒っぽくなったり固くなることもあります。

 

歩く事は、ふくらはぎ血栓のボコボコ予防に

 

歩くことや運動することはふくらはぎ血栓のボコボコ予防になります。

 

長い時間立ち仕事をしていると、足がむくんで横になってもあまりのだるさに眠れない時があります。

 

足を高くして寝たり、マッサージをすればだるさも取れるのでしょうが、そういった症状が続いたり悪化するようなことがあれば、いずれふくらはぎを触った時にボコボコが気になり出すかもしれません。

 

ふくらはぎの筋肉の老化も考えられる

 

ふくらはぎの血管がボコボコになる原因としては、ふくらはぎの筋肉の老化も考えられます。

 

もちろん、年齢的な老化もありますが、筋肉は使わなければどんどん萎縮して固くなります。そして、ふくらはぎの筋力が衰えれば、弁機能もスムーズに働かなくなります。

 

そこで、ふくらはぎの血管がボコボコに浮き出てこないようにするには、ふくらはぎを使うような運動が必要になるわけですが、ウォーキングやジョギングであれば予防効果があるでしょう。

 

歩く時は必ずふくらはぎの筋肉を使うことになるので、血管のボコボコ予防に適しています。

 

ウォーキングやジョギングが続かない方

 

ウォーキングやジョギングがどうしても続かない方で、ふくらはぎのボコボコを予防することができます。

 

それは貧乏ゆすりです。貧乏ゆすりは、身体が無意識に行う動作でもあり、身体の準備運動でもあります。

 

貧乏ゆすりを無意識に行った時は、身体が下肢のうっ血状態を察し、それを解消するために貧乏ゆすりという形で反射的に足を動かしていると言えます。

 

実は、貧乏ゆすりは下肢静脈瘤やエコノミー症候群の予防に適していると言われていますので、ふくらはぎの血管が詰まってボコボコにならないように、ウォーキングやジョギングよりも気軽に行える貧乏ゆすりを試してみてはいかがでしょうか。

 

貧乏ゆすりの動きを再現するグッズ

 

貧乏ゆすりはある程度無意識にできますが、意識してずっと続けることは困難です。

 

その貧乏ゆすりの動きを再現したグッズがあしふみ健康ライフになります。足をのせるだけで自然に貧乏ゆすりの動きになり、高齢者でも長時間貧乏ゆすりの動きを生み出すことができます。

 

また、あしふみ健康ライフは電気を使用しないので、身体にも優しい作りとなっています。

 

ぜひこの機会に貧乏ゆすりの動きを再現するあしふみ健康ライフを使ってみてはいかがでしょうか。

あしふみ健幸ライフは、座ったままで歩行運動ができる
画期的な健康器具です。
お年寄りへのプレゼントにもおすすめです。

あしふみ健幸ライフの詳細はこちら

メルマガ会員募集中!
お得な情報などをお届けいたします。この機会にぜひご登録ください!

ご登録はこちら