新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2020.09.08ふくらはぎ

ふくらはぎの鈍痛

ふくらはぎの鈍痛

 

ふくらはぎの鈍痛として一番最初に考えられる原因は、ふくらはぎの筋肉痛、ふくらはぎの肉離れ、痛下肢静脈瘤、閉塞性動脈硬化症などではないでしょうか。

 

ふくらはぎの筋肉痛や肉離れは運動による鈍痛なので、数日運動を控えることで、痛みが和らぐことがありますが(肉離れは治療が必要)痛下肢静脈瘤、閉塞性動脈硬化症はある程度の運動や効果的な予防が大切になってきます。

 

また、筋肉痛や肉離れと違い、痛下肢静脈瘤、閉塞性動脈硬化症は高齢者や運動不足の方に多く見られる症状でもあります。

 

ふくらはぎの鈍痛下肢静脈瘤について

 

ふくらはぎの鈍痛の中でも下肢静脈瘤はエコノミー症候群と似たような症状でもあり、同じ態勢で長時間いることで起きることがあります。特に血の巡りや血行の流れが良くない方は比較的なりやすい病気でもあり、常に足の運動やちょっとした動きが必要です。

 

もし、ふくらはぎ に鈍痛が起ったとしても、スポーツ選手であれば瞬時にその対策などを取ることでしょう。

 

ふくらはぎ にはジャンプやダッシュなどの動きに伴い必要とされるたくさんの筋肉があり、運動の前にはふくらはぎ のストレッチには念を入れているはずです。

 

ただ、スポーツ選手でなない、高齢者や運動ができない方であれば、ふくらはぎ に鈍痛が起こっても疲れのせいだと思い、あまり気にしないのかもしれません。

 

鈍痛はしばらく座っていれば治まるとか、寝れば治るといった程度で、まさか鈍痛が血流障害の警告だとは思ってもみないのでしょう。

 

ふくらはぎの鈍痛は、早めの対策が必要です。

 

筋肉痛や肉離れとは違うふくらはぎの鈍痛は早めの対策や予防が必要です。

 

放っておくと足が動かなくなる可能もあるので、少しでも違和感を感じたらまずは、足を動かしてみましょう。

 

ふくらはぎの鈍痛は下肢の血液循環が悪くなっているために起こることがあり、放置すると下肢静脈瘤ができる場合もあります。

 

下肢静脈瘤は、下肢から心臓に血液を戻すためのふくらはぎ のポンプ機能が悪化したために、静脈の血流が悪くなり瘤ができてしまうものですが、鈍痛だけでなくふくらはぎ の血管が浮き出たような状態になり、見た目にびっくりして気付く場合もあるようです。

 

そうなれば、一晩寝ただけで治まるという状態ではなく、最悪の場合ふくらはぎ の皮膚に潰瘍ができてしまうこともあります。

 

そうならないためにも、ふくらはぎ に鈍痛を感じた時は、早めに対策を取る必要があります。

 

ふくらはぎの鈍痛には刺激を

 

たとえば足の底に刺激を与えて、ふくらはぎ のポンプの役目を復活させることです。

 

その足の底への刺激として、貧乏ゆすりが有効とされています。貧乏ゆすりは、わずかな振動を足の底からふくらはぎ、そして太ももや脳にまで刺激を与えることができ、血流の悪化を改善することができます。

 

そして、日頃、歩いたり立ち仕事でふくらはぎ に鈍痛が起こりやすいという方は、日々取り入れることができる貧乏ゆすりの効果を取り入れたグッズ等を試してみるもの良いでしょう。

あしふみ健幸ライフは、座ったままで歩行運動ができる
画期的な健康器具です。
お年寄りへのプレゼントにもおすすめです。

あしふみ健幸ライフの詳細はこちら

メルマガ会員募集中!
お得な情報などをお届けいたします。この機会にぜひご登録ください!

ご登録はこちら