新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2020.09.08エコノミー症候群

エコノミー症候群の防止グッズとして

エコノミー症候群の防止グッズとして

 

まず初めに、エコノミー症候群はグッズで防止できるのか?答えは予防は可能です。

 

エコノミー症候群の一番の原因は同じ態勢でずっといたり、水分不足が原因となることが多くあります。

 

それらの解消として限られたスペースで態勢を崩さずできるグッズはたくさんあります。

 

エコノミー症候群の防止グッズ

 

エコノミー症候群の防止グッズと言えば、まず思い浮かぶのは弾性ストッキングや足を高い位置に保つためのフットレストなどでしょうか。

 

エコノミー症候群は、飛行機などに搭乗して窮屈な姿勢を続けたためにふくらはぎの血流が悪くなり、さらに立ち上がった時にふくらはぎの静脈にできた血栓がはがれて、上半身に運ばれて肺血栓などを引き起こした状態です。

 

飛行機から降りようとした時に、呼吸が苦しくなったり胸のあたりが痛むような時は、エコノミー症候群の心配がでてきます。

 

エコノミー症候群の防止グッズ弾性ストッキング

 

エコノミー症候群の防止グッズである弾性ストッキングは、足首からふくらはぎを圧迫して静脈の血流を促進する効果があるようですが、冬であればともかく、汗をかく夏に足を圧迫するほど密着性のある弾性ストッキングは利用しにくいかもしれません。

 

また、フットレストは組み立てて吊るしたり、膨らませる必要のあるタイプも多く、エコノミー症候群の防止グッズとして使うには面倒なこともあるでしょう。

 

おすすめのエコノミー症候群防止グッズ

 

そこで、エコノミー症候群の防止グッズとしておすすめしたいのが、貧乏ゆすりの動きを再現した「あしふみ健幸ライフ」です。

 

この器具は貧乏ゆすりの動きを取り入れたもので、座り過ぎ防止グッズとして他の歩行運動器具よりも気軽に利用できることもあり、大勢の高齢者の方にこのエコノミー症候群の防止グッズをお試しいただいております。

 

エコノミー症候群に似た「下肢静脈瘤」の予防にも

 

実は、高齢者の方の中にはエコノミー症候群とよく似た症状でもある下肢静脈瘤でお悩みの方も多く、下肢静脈瘤の防止グッズとして適している器具でもあります。

 

普段は椅子に座った状態で使うことができ、いつでも気軽にご利用いただけるわけですが、長時間車の助手席や後部座席に乗る時などは、そのまま車に持ち込んでいただいてエコノミー症候群予防に利用することができます。

 

電気を使わない防止グッズ

貧乏ゆすりの動きを再現した「あしふみ健幸ライフ」のグッズは、電気を使わない貧乏ゆすり本来の動きを再現したグッズなので、身体にも優しく、エコノミー症候群や下肢静脈瘤の予防に非常に活用されています。

 

特に高齢者の方に利用されている為、今すぐに動くことができない方、準備をするのが面倒な方などに利用されています。

 

あしふみ健幸ライフは、座ったままで歩行運動ができる
画期的な健康器具です。
お年寄りへのプレゼントにもおすすめです。

あしふみ健幸ライフの詳細はこちら

メルマガ会員募集中!
お得な情報などをお届けいたします。この機会にぜひご登録ください!

ご登録はこちら