新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2020.09.08貧乏ゆすり

下肢静脈瘤の予防は貧乏ゆすりが予防に良い

下肢静脈瘤の予防は貧乏ゆすりが予防に良い

 

下肢静脈瘤を予防する方法として考えられることは、とにかく下半身を動かすことにあります。

 

運動ができれば一番良いですが、ジョギングなどある程度の準備や時間が必要な予防法は、続けることや準備することが大変であり、すぐに始めることができません。

 

その代わりとして貧乏ゆすりはテレビを見ながら、ソファーに座りながらすることができます。また、貧乏ゆすりには無意識にすることができる(脳の指令により)大切な運動もあると言われています。

 

貧乏ゆすりを無意識に行うとき、身体が下肢のうっ血状態を察し、それを解消するために貧乏ゆすりという形で反射的に足を動かしていると言えます。

 

 

貧乏ゆすりをすることで下肢のうっ血を予防

 

その下肢静脈瘤を避けるために貧乏ゆすりが効果的だというのは、いったいどういうことなのかと思われるでしょう。

 

実は、なぜ静脈瘤ができてしまうかという原因を探ることで、下肢静脈瘤に貧乏ゆすりが効果的な理由がわかると思います。

 

静脈は、血液を心臓に戻す血管であり逆流を防ぐための弁が付いていますが、何らかの理由で弁の機能が衰えてしまうと逆流が起こってしまいます。

 

特に足は心臓から遠く、身体の下部ということで血液が溜まりやすくなり下肢静脈瘤の症状が現れやすくなります。

 

一方、貧乏ゆすりは無意識のように行われているものの、実際は身体が下肢のうっ血状態を察し、それを解消するために貧乏ゆすりという形で反射的に足を動かしていると言えます。

 

つまり、貧乏ゆすりをすることで下肢のうっ血を解消するということは、下肢静脈瘤の予防にも役立つということです。

 

また、貧乏ゆすりを無意識ではなく、より効果的にすることができれば、運動いらずの予防法になるのではないでしょうか。

 

そこで、貧乏ゆすりのような動きのできる健康器具をおすすめしたいと思います。

 

あしふみ健幸ライフは、貧乏ゆすりの細かいジグリング運動を下肢に与えることができ、下肢静脈瘤のほかにもさまざまな効果を生み出しています。

 

貧乏ゆすりは大切な動き

 

静まり返った教室や緊張する会議の場などで貧乏ゆすりをしていると、注意を受けることもあるでしょう。

 

ところが、その貧乏ゆすりが良い効果を生み出すことがあります。たとえば、下肢静脈瘤対策にもなっています。

 

下肢静脈瘤は、足の静脈が詰まり瘤のように膨らんだ個所ができてしまう状態です。

 

もちろん身体中あらゆるところに動脈と静脈が張り巡らされているわけですが、動脈に比べて静脈は壁が薄いこともあり、下肢静脈瘤のように詰まった状態が目で見ただけでわかることも多いようです。

 

 

しかも、身体の表皮に近い部分を通っているため、青い筋が浮き出たような下肢静脈瘤に気付くこともあり、驚いた経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

 

あしふみ健幸ライフは、座ったままで歩行運動ができる
画期的な健康器具です。
お年寄りへのプレゼントにもおすすめです。

あしふみ健幸ライフの詳細はこちら

メルマガ会員募集中!
お得な情報などをお届けいたします。この機会にぜひご登録ください!

ご登録はこちら