新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2020.08.18ブログ

膝裏の鈍痛を防ぐ方法とは?

膝裏、膝関節の痛みには以下のような原因や症状があります。

加齢的な変成、体質的な誘因、臼蓋形成不全も重要。股関節の痛みの原因には、外傷や関節リウマチ、ステロイド剤の大量投与の影響で骨への血流が悪くなるために起こる大腿骨頭壊死などが原因で、股関節に痛みが生じることもありますが、加齢とともに関節が変形していく変形性股関節症が多いと思いとされています。

 

関節とはまた違った膝裏の鈍痛とは?

膝裏の鈍痛は突然!寝床から起き上がって足を床に付いた瞬間足底に鈍痛が起こったり、1歩踏み出した途端、膝裏に鈍痛が起こることもあるかもしれません。ちょっとした身体の動きで起こる鈍痛で、老いを自覚することがあると思います。

 

加齢や歩き方も影響する膝裏の鈍痛

加齢や歩き方も影響する膝裏の鈍痛

実は、年を取るとまっすぐに立っているつもりでも、少し膝が前に出たような姿勢になってしまうことがありますが、それは膝裏がしっかり伸びていない状態とも言えます。加齢や歩き方と共に、自分の知らない間に膝への負担は大きくなっています。

また、膝裏は太ももの裏の筋肉とふくらはぎの筋肉が出会う場所でもあり、その筋肉の柔軟性が衰えてくると、膝裏をしっかり伸ばせなくなってしまいます。そういった要因が重なり突然膝裏の鈍痛が襲ってくることがあります。

常に運動や簡単なストレッチを心がけ、膝裏鈍痛の予防をしておきましょう!

 

膝裏鈍痛の改善・予防策は足の筋力や柔軟性を維持する

先ほども話した通り、歩きだした時や起床時に膝裏の鈍痛が起こってしまうことが多くあります。それも突然。

膝裏鈍痛の改善や予防策として、膝裏をしっかり伸ばせるように足の筋力や柔軟性を維持することが大切になります。。

鈍痛を起こさないためには、膝裏や太ももやふくらはぎに適度な刺激を与えられる運動を続けることが一番ですが、すぐに運動できない状況やすでに鈍痛で動くのが億劫になっている場合もある為、今すぐに、手軽にできる運動をご紹介します。

 

膝裏の鈍痛でもすぐに取り入れられる動きとは

膝裏の鈍痛でもすぐに取り入れられる動きとは

それは「貧乏ゆすり」です。

貧乏ゆすりの動きは足を小刻みに上下させるだけ動きで、ジョギングやウォーキングとは比較にならないと思われるかもしれません。

ただ、実際に毎日貧乏ゆすりを行うのであれば、長い時間続けることができ、しかも別のことをしながら運動ができるという点を考えれば、十分歩行に匹敵するだけの運動量を得られることが実証されています。貧乏ゆすりを毎日数分でも取り入れることで膝裏の鈍痛改善・予防になります。

しかし貧乏ゆすりを常にすることが困難であり、見た目が悪いと思われることもいると思います。そんな方の為に貧乏ゆすりの動きを取り入れた健康器具をご紹介します。

 

貧乏ゆすりの動きができる、木製の健康器具

実際に貧乏ゆすりをするのではなく、貧乏ゆすりを取り入れた健康器具であれば、より効果は高く5分で1000歩の歩行と同じ運動を座ったままで行うことができます。気軽にできる足踏む運動で、身体のさまざまな鈍痛が防げると思います。

さらに、電気なども使用していない為、だれでも簡単に実践することができることも特徴です。

最近ではテレワークなどの機会も増え、自宅で簡単に実践できる運動として多く取り入れられています。今すぐにできる膝裏の鈍痛改善・予防に貧乏ゆすりの動きができる健康器具を活用してみてはいかがでしょうか。

半身不随 回復

半身不随 回復

あしふみ健幸ライフは、座ったままで歩行運動ができる
画期的な健康器具です。
お年寄りへのプレゼントにもおすすめです。

あしふみ健幸ライフの詳細はこちら

メルマガ会員募集中!
お得な情報などをお届けいたします。この機会にぜひご登録ください!

ご登録はこちら