新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2020.08.18ブログ

膝に負担かけない貧乏ゆすり運動

膝に負担をかけずに、膝痛や膝痛の予防になる貧乏ゆすりについてお話しします。

 

貧乏ゆすりの効果とは

貧乏ゆすりのような小刻みな振動はセロトニンの分泌を促す効果があり、このセロトニンには精神を安定させる効果があるようです。そのため、貧乏ゆすりに似た動きを取り入れた体操でリラックスできたり、音楽に合わせて足を動かすといった行動がストレス解消になるようです。

 

年齢、運動不足で膝に痛みがでてくる

 

 

年齢とともに、多くの方が膝に痛みを抱え始めるようです。

 

高齢になって膝の軟骨がすり減り、そのために痛みが発生することもあるでしょうし、運動不足で体重が増えたことで膝に負担がかかり痛みが起こることもあります。ただ、ちょっとした動きを取り入れることで、そういった膝の悩みを解消できるかもしれません。

 

 

無意識でできる貧乏ゆすりが痛みの解消・予防に

 

 

 

貧乏ゆすりの微妙な動きや揺れが体には良いとされています。

 

 

さらに貧乏ゆすりは今すぐにできる動きの為、膝の痛み解消や予防に適しています。膝が痛み出すと外に出るのも家の中で生活するのも億劫になりますよね。その痛み解消や予防がすぐにできることから高齢者施設などでも多く取り入れられている動きでもあるのです。

 

 

また、貧乏ゆすりの効果を実感され、貧乏ゆすりから生み出される微妙は振動によって、ふくらはぎの下肢静脈瘤が改善したとか、貧乏ゆすりを毎日続けて股関節の痛みがなくなったという方もいます。

 

 

膝に痛みが起こり整形外科で変形性膝関節症と診断されれば、処置としては注射や投薬が一般的でしょうし、場合によっては手術をすすめられることもあるでしょう。

 

 

ジグリング運動が膝に与える良い影響

 

 

今では治療に貧乏ゆすりの動きを取り入れる専門家の方も貧乏ゆすりの動きを取り入れいます。それは、変形性膝関節症の痛みや症状の改善に役立つことが立証されているからなんですね。

 

 

ジグリング運動とは

 

 

ジグリングとは股関節と膝関節を自分で小刻みに動かす方法で、意識すれば止めることができる自動運動、随意運動に分類されます。

 

実は、膝痛改善には、膝に振動を与えるジグリング運動が有効とされ、その運動こそが貧乏ゆすりの動きに等しいわけです。貧乏ゆすりは、膝や股関節などの軟骨再生を促し、さらに下肢の血流を改善してふくらはぎの下肢静脈瘤の改善にも役立ちます。

 

 

貧乏ゆすりが脳に良い刺激を

 

あしふみ健康ライフ

 

 

貧乏ゆすりをすることが脳への刺激にもなり、ストレス解消や認知症予防にもなりますので、多くの方に貧乏ゆすりを行っていただきたいと思います。

 

ただ、貧乏ゆすりは無意識に行っている方にとっては、たわいない簡単な動きかもしれませんが、意外に意識的に行おうとすると難しいものです。

 

 

また、貧乏ゆすりのような小刻みな振動はセロトニンの分泌を促す効果があり、このセロトニンには精神を安定させる効果があるようです。

 

そのため、貧乏ゆすりに似た動きを取り入れた体操でリラックスできたり、音楽に合わせて足を動かすといった行動がストレス解消になるようです。

 

 

誰でも簡単にジグリング運動を実感

 

 

ジグリング運動は、デイサービスの施設などで多く取り入れられており、またその運動する健康器具も多く設置されています。誰でも簡単になので、高齢者の方でも簡単に利用できる健康器具がこちらです。

 

「あしふみ健康ライフ」体重が膝にかからないので楽に運動ができるなど大変好評です。

半身不随 回復

半身不随 回復

あしふみ健幸ライフは、座ったままで歩行運動ができる
画期的な健康器具です。
お年寄りへのプレゼントにもおすすめです。

あしふみ健幸ライフの詳細はこちら

メルマガ会員募集中!
お得な情報などをお届けいたします。この機会にぜひご登録ください!

ご登録はこちら