新着情報

NEWS
あしふみアイコン
2020.08.18ブログ

股関節の鈍痛改善

まずは、股関節の痛みがでる原因について以下が多く上げられます。

加齢的な変成、体質的な誘因、臼蓋形成不全も重要。股関節の痛みの原因には、外傷や関節リウマチ、ステロイド剤の大量投与の影響で骨への血流が悪くなるために起こる大腿骨頭壊死などが原因で、股関節に痛みが生じることもありますが、加齢とともに関節が変形していく変形性股関節症が多いと思いとされています。

 

股関節の鈍痛について

股関節に鈍痛が起こるようになれば、一気に行動が制限されるようになり、健康的な生活とは言えないようになってしまいます。また、年を取るごとに肩や腰など身体のさまざまな部分に鈍痛が起こり始めてしまい、加齢を自覚することもあるでしょう。鈍痛が起こる前にできる対策と改善策を事前に知っておくだけでも、今後の生活に役立つのではないでしょうか。

 

股関節の鈍痛は日常生活にも影響を及ぼす

股関節の鈍痛は歩行や日々の生活に大きな影響を及ぼすことになり、歩くことさえ億劫になり、更なる悪循環を招くことになります。股関節の鈍痛になる前にできる予防策をここで簡単にご紹介します。

股関節鈍痛の予防策

股関節鈍痛の予防策

股関節の鈍痛にはなんと、貧乏ゆすりが良いと言われており、様々なメリットが立証されております。更に股関節の鈍痛以外にもふくらはぎの静脈瘤を防ぐ手段としても貧乏ゆすりが有効だということが分かっています。

ただ、股関節の鈍痛が変形性股関節症から起こっているのであれば、鈍痛を和らげるための神経ブロック注射や手術による治療を検討せざるを得ないのかもしれません。ただ、神経ブロック注射や手術と言われれば、誰でも尻込みしたくなるはずです。

一度、鈍痛かな?と少しでも感じた時に、常に足を動かす貧乏ゆすりを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

貧乏ゆすりのメリットは立証済み

先ほど説明した通り、貧乏ゆすりは股関節の鈍痛に効くとされていますが、世間的に貧乏ゆすりはあまり良いイメージのない癖のようなものです。ですが、飛行機やデスクワークなどで長時間同じ姿勢で座っていることで起こるエコノミー症候群の予防にも、貧乏ゆすりが適していることと言われています。

 

貧乏ゆすりも続けることが大切

何事も続けないと効果が表れません。貧乏ゆすりも続けることが大切です。

しかし貧乏ゆすりを四六時中することは難しいと感じる方が多くいます。今回、皆様にオススメしたいのが、貧乏ゆすりを取り入れた電気を使わないシンプルな健康器具「あしふみ健康ライフ」です。

木のぬくもりが感じられることもあり、高齢者の方にも使いやすい健康器具だと思います。

半身不随 回復

半身不随 回復