2020.08.21変形性膝関節症

変形性膝関節症はマッサージで緩和できる?

変形性膝関節症でマッサージを行う目的

それではまず、変形性膝関節症でマッサージを行う目的や、期待できる作用について考えてみましょう。

関節やその周囲に広がる痛みの緩和

変形性膝関節症のおもな原因は加齢による軟骨の擦り減りで、関節部分にある上下の軟骨同士が触れ合うことで痛みが生じます。
また、軟骨同士のつなぎ目部分には、もともとヒアルロン酸が存在していますが、年齢によってヒアルロン酸の量が減ると、膝軟骨が擦り減って痛みが出ます。

それは、ヒアルロン酸にはクッションや潤滑油の役割があるためで、この成分が減少することで軟骨同士が直接触れることになるからです。

このような痛みは徐々に他の場所に広がることもあるため、なるべく早い段階でそれを食い止めなくてはなりません。

そして、マッサージで膝関節付近の筋肉に適度な刺激を与えることが、辛い痛みの緩和や他の場所への広がりを抑えることができるのです。

筋肉をほぐすことで膝関節の動きがスムーズに

マッサージで膝関節周辺の筋肉をほぐすと、筋肉の伸縮性が少しずつ戻り、膝関節の動きがスムーズになります。

筋肉がどんどん硬くなると、伸縮性がなくなって怪我をしやすくなりますが、マッサージで膝関節の動きがスムーズになれば、怪我をするリスクも減らせます。

たとえば、歩行時にうまく足が上がらす、すり足のような状態になることはないでしょうか。
軽度のすり足であれば、まだ転倒や捻挫などの不安はないかもしれませんが、重度のすり足になると、ちょっとしたものにつまづくことが多くなり、これが怪我の原因になるのです。

 

また、変形性膝関節症を発症すると、傷み部分をかばうようになって腿の前面の筋力も低下します。
つまり、膝関節周辺の筋肉が硬くなると、すり足の問題だけでなく、筋力低下の不安も高まるということですね。

そして、変形性膝関節症を発症すると、階段の昇降が辛い、正座ができない、座っている状態から立ち上がるときに激痛が走るなどのトラブルにつながるのです。

 

しかし、毎日少しずつマッサージを行えば、このようなリスクも軽減できるのです。

 

こわばった筋肉の柔軟性を高める

 

膝関節付近の筋肉がこわばり、その状態をいつまでも放置していると、やがて歩行が困難になることがあります。

痛い上に歩行が困難になったら、日常生活を普段通りに送ることが難しくなるでしょう。

そして、マッサージで毎日少しずつ筋肉をほぐして筋肉に柔軟性を持たせることが、痛みや歩行困難といった状態の予防や改善に役立つのです。

 

筋肉の柔軟性を高める方法には、筋トレやウォーキングなどもありますが、膝関節がこわばっている状態では、これらの運動をすることは困難でしょう。

一方マッサージなら、膝関節に負担をかけることなく、膝関節のこわばりを緩和できます。

このように、マッサージを行うことで変形性膝関節症の痛みを軽減でき、怪我のリスクも軽減できます。ただし、変形性膝関節症の悪化ですでに膝関節が変形してしまっている場合では、マッサージだけで元の状態に戻すことはできません。

この場合では、医師の判断によって投薬やヒアルロン酸注射、運動療法が行われることがありますので、まずは専門家に相談して、治療方法を確認してみると良いでしょう。

なお、整体院や整骨院などでは、膝の痛み緩和のマッサージに対応していることがありますので、こちらもあわせて参考にしてください。

ただし、整体院や整骨院のマッサージだけでは変形性膝関節症の改善は難しいため、最終的には治療が必要になる可能性があるということは、頭に入れておいてくださいね。

 

自己流のマッサージはNG!まずは主治医に相談しましょう

マッサージは変形性膝関節症の痛み緩和に役立ちますが、どのような方法でマッサージを行っても良いというわけではありません。
では、どうするのがベストなのでしょうか。

 

主治医に相談

 

変形性膝関節症のマッサージはご自身で行うこともできますが、はじめは医師や整体師などによる施術を受けることをおすすめします。

それは、痛みの改善に役立つ部分や力の入れ具合などは素人では判断できず、自分で行う場合では、専門家による指導を受けて覚える必要があるからです。

 

また、マッサージを行う場所を間違えてしまうと、変形性膝関節症の痛みが強く出る可能性があるというのも、自己流のマッサージがおすすめできない理由です。

痛みの緩和目的で行ったマッサージが症状を悪化させる可能性があるのなら、マッサージ方法をマスターした上で実践しておきたいところです。

 

自己流のマッサージを続けると、痛みが引くどころか悪化する可能性も広がりますので、主治医がいれば主治医に、いない場合では整体師などの専門家に相談することをおすすめします。

専門家からマッサージの指導を受けておけば、間違ったマッサージで膝をよけいに痛めてしまうリスクを減らせますよ。

まとめ

変形性膝関節症の辛い痛みは、一刻も早く取り除きたいですよね。

そして、それに役立つのがマッサージで、膝関節を中心にマッサージを行うことで筋肉に伸縮性や柔軟性が生まれ、痛みだけでなく、膝関節のスムーズな動きも取り戻せます。

そして膝関節にスムーズな動きが戻れば、歩行の際に足を楽に上げることもできるようになりますので、すり足による事故のリスクも減らせるでしょう。

ただし、すでに膝関節が変形している場合ではマッサージだけで改善することは難しく、別の治療が必要になることがあります。
また、軽い運動を日常に取り入れることも大切ですが、膝関節がすでに変形してしまっているなら、自己流での運動を避け、専門家の指導の下で行う必要があるでしょう。

もしも運動が困難な状態なら、健康器具を使用してみるというのもひとつの方法です。

変形性膝関節症のためのマッサージにご興味がある方は、まずは専門家に相談して、現在の状態の改善にマッサージが有効かどうか確認してみると良いでしょう。

あしふみ健幸ライフは、座ったままで歩行運動ができる
画期的な健康器具です。
ご両親へのプレゼントにもおすすめです。

あしふみ健幸ライフの詳細はこちら

メルマガ会員募集中!
お得な情報などをお届けいたします。この機会にぜひご登録ください!

ご登録はこちら